無題

買おうかなぁ、でも1500円もするしなぁ、と思いつつ書店を出、何の気なしに入ったブックオフで105円で手に入った書籍。
喜んでいいのか、これ。

基本的に、本っていうのは「読まれる」もんだから、読者がいないと本の本としての存在理由は存在しない。
読まれない本は可哀想だ。
そういうことを椎名誠も書いてた気がする。
本に限らないなぁと。
あー。今更、確認することでもない。

以下、人格心理学の授業より抜粋。

まず、紙に10cmちょうどの線分を描いてください。
これはあなたの気持ちのバロメータのようなものです。
線分の左端はプラス思考、右端はマイナス思考です。
あなたのいまの気持ちは線上のどのあたりにあるか、印をつけてください。

俺は左端から80mmでした。
確かに今日は元気でなかったけれども。
「この検査はかなり信頼性が高いです」などど解説いただいて一層神妙な気分になってしまう。

授業の終了間際、心理学専修の4年生が卒論のためのアンケートを配布。
卒論テーマは「気分と音楽」
「あなたが今聴きたい音楽は?」って書いてあったので迷うことなくキングクリムゾンのエピタフと回答してしまいました。

たまにはしんみりとした日記もアリですか。
救いようの無い映画を繰り返し見て、しかもそれが同時に大好きな映画になってしまったせいだと思われます。
往々にしてあり得ることか。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-13 01:39
<< 生活費は 外国からみた日本 >>