流し書き

とうとう部屋を片付けた。
いや、まだ半分なんだが、風呂とロフトは完全制覇。
俺の家を訪れた人ならば、どれほどの労力を要したか察してくれるかと思う。
来週は、まだ半分しか掃除できていない一階もやっつけてしまおう。

今日はI木と新宿へ。
定例用の衣装を品定め。
当初、slipknotはネタ的要素をつめこむ予定だったのが、一年生を中心に「楽しみにしてます」みたいな声が聞こえるので、真剣にやってやるか、と。
衣装もいろいろ凝る。金もかける。

東急ハンズを出て、そのまま新宿TSUTAYAへ。
二人でバカ映画探索。

・死霊の盆踊り
・バイオアマゾネス
・キラージョーズ
・悪魔の毒々おばあちゃん
・温泉こんにゃく芸者

10分もしないうちに、次々と変な映画が見つかった。
俺が見たことあるのは死霊の盆踊りのみ。
これは、二人組の人間が墓場で化け物に捕まって、そのまま化け物の祭りを強制的に鑑賞させられて終わりという、まったく困った映画だ。
途中で寝たので詳細は覚えていないが、ちっともスプラッターじゃない。
裏ジャケットに書かれた「エド・ウッドも真っ青!」のコピーに惹かれたのだが、看板に偽り無しの極北で、失敗。
ちなみにバイオアマゾネスは説明文によると「ニュージャンル!細菌エロス!」らしい。意味不明。興味ある人は検索してくれ。俺は興味あるけどレンタルしない。


以下、2chより引用。

132 :( ´∀`)ノ7777さん :2005/05/20(金) 22:00:27 ID:7pvRrWMl
この間ラーメン屋で30分待ちで並んでいた時のこと
前にいたオバサンが携帯でなにやらゴソゴソ話をしていた。
別に聞く気は無かったのだが、どうも買い物している友人に、今からラーメン食べるところだからこいということらしい。
それから20分位経って俺の番まで後5人位になったとき、オバサンの友人が二人現れ、こっちこっちと呼ぶオバサンの後ろ私の前へ何のためらいも無く割り込んできた。
あまりのずうずうしさに唖然としたが、どうにも腹の虫が収まらず
「非常識でしょう、割り込みは」
と文句を言ったら
「最初から彼女たちの分も取っていたんです」
と並んでいたオバサンに平然と言い返されたれた。
それを見ていたオバサンの前に並んでいた20才位の学生さんらしき彼が、私を始めその後ろに並んでいた14・5人に向かって一言
「いやー久しぶりです。皆さんの分取っておきましたから私の後ろへどうぞ」
それを聞いてオバサン達は
「なんて白々しいことをするの」
と学生さんに言ったら、後ろにいたリーマンが
「そりゃあんたたちのことでしょ」
で一同拍手。
騒ぎを聞きつけたバイト君がオバサン達に決めの一言。
「三人とも後ろへ並んでいただくか帰っていただくか決めてください」
オバサンたちはブツクサ文句を言いながら帰っていった。
残った皆は学生さんとバイト君に感謝の言葉を送った。


こういうことがさらっとできるのは凄いなぁと思う。
バイトも偉い。
以前も書いたと思うけれど、日本のサービス業って「お客様は神様」が金科玉条だから、なかなかこういうことをしてくれない。
全体をなんとか丸く収めようとする。
元々、丸じゃないものを丸にしちゃうもんだから、はみ出した分は不満として、誰かの負担になるってのがなんでまかり通るのか。
バカは切り捨てればいいのにっていつも思う。

うちの実家は中華料理店なんだが、親父は気に入らない客に容赦無い。
普段は温厚なんが、仕事中は常に仏頂面なので話しかけられない。
たまに酷い客が居ると、でかい中華包丁握ったまま、平気で「出てけ」って言う。怖すぎ。
全然親父が怖くない家庭ってのが少なくないらしいが、幸か不幸かうちの親父はなんだかんだで怖い。
叱られるときは大抵殴られた。一度軽い脳しんとう起こしたこともある。
そりゃあ、毎日死ぬほど重い中華鍋振ってるし、もとラグビー部だしで、腕力強いのは当然なんだろうけど、いつまで健在でいられるのかとたまに思う。
最後に殴られたのは高2だから、もしかしたら俺の知らない間に少しぐらい腕力が衰えているのかもしれない。

よく聞かれるのだけど、俺は実家を継ぐ意志は現在のところ無い。やってみたいことは別にある。
弟は、今年芸大に入った。別段、絵が上手いわけでもないのだが、まぁ、本人は何かしら考えているのだろう。で、あるから、中華料理店を経営する意志はそんなにないのかもしれない。
薄情だろうか?
親父に以前、「継いでほしいと思ってる?」と尋ねたことがある。
親父は間髪入れず「継ぐな」と言った。
「これだけ教育費かけたんやから、別のやりたいことをやれ」と付け足した。
それが、本心なのかどうかはよく判らない。
確かに、教育に関して、俺は莫大な金を享受してきたし、今もしっかりと頂いている身分だ。
けれど、人間の心理なんてロジックではないと思う。
親父も100%本心で、そう言っているとは思えない部分がある。

てっきり弟は高校卒業してそのまま継ぐと思っていたんだが。
期待混じりの勝手な考えだったか。
ただ、心配というか。
弟はアキバ系(大阪だから日本橋系か)丸出しの人間で。
芸大に入ったという話を詳しく聞いたら「キャラクター造形学科」。
ネットでその後調べたら

あらゆるメディアに不可欠なキャラクターの創作は、今やクリエイティブ活動の原点となっています。キャラクター造形学科はキャラクター原論をベースに、漫画制作・アニメーション制作・ゲームデザインの三つを柱として構成。
 さらに、企画・出版・編集・広告なども幅広く学び、専門知識と自由な発想力を持った漫画家、アニメーター、ゲームやC・Gデザイナー、プロデューサー、アートディレクター、編集者などクリエイターの育成を目指します。

あいつ、本気だったのか・・・・・・。
頼むからエロゲー作るぐらいなら店を継いで欲しい。切に。
[PR]
by sargent_d | 2005-05-24 01:47
<< 夜明け前 また、本。 >>