罪と罰ゲーム

調子が出ない。
それというのも原因不明で、単なる寝不足か、不摂生か、この蒸し暑さか、っつーか、複合要因だろうがと、今ひとつなにごとにも乗り切れない。

昨夜、総会後の飲み会(結局オールだ)でYangにブログ放置を指摘されたので久々に書いてはみるが、やはり、こんなのは思いついたときにでれでれだらだらと書いていくのがいいんだろうし、書くこともない。いや、ネタなら多分あるはずなのだが、脳みそがここんところ、腐りきっているので思い起こせど微塵として文字媒体で現出してこない。

ああ、そうだ。
昨日の飲み会の3次会がマルハチで、ロシアンマグロ久々にやったっけ。
2回やって2回ともワサビひいた。確率8分の7なら当然の帰結。
つーか。何だ。
その前の日もメーヤウでチキン食ったんだが。
辛い食い物の存在意義って、何だ。

いや、食欲増進だのなんだのという意義は確かに存在する。
しかし、我慢を強いられるような辛み。
俺自身もそういうのになぜかわからんが理不尽な欲求を持っているけれど、辛みに弱い人物からしてみれば、欲求は消え去り、後に残るは理不尽のみだ。
いつもいつも、自分なりに反省していることではあるが、辛みに強いことを自慢してはならない。
なぜかわからんが、世の趨勢は辛さに強いやつと根性あるやつが等価関係で結束されていないか?
絶対そんなはずないだろ、だって俺自身辛さに強いヘタレだし。

一木は、昨夜酔った挙げ句、口のなかに唐辛子をまるまる3本、1女に投入され、咀嚼しながら大量のよだれをまき散らしやがった。劇場版バイオハザードでミラ・ジョヴォビッチと対峙したゾンビ犬ばりに目も当てられない状況。ワサビ食ってさらに状況悪化しとるし。
まぁ、おもろいのは一木の無理した姿が結構、無条件に近い形で笑えるという点。得だよなぁ。

要するに(って、全然脈絡がなっちゃないが)言いたいのは、良い無理と悪い無理があるということだ。
例えばメーヤウなら、1年連れてチキン食わせるのは、そいつのキャラを良く考えたうえでないと、悪い無理をさせる可能性がある。
例えばまんぷく亭なら、そいつのキャラを考えたうえでないと「金が出た!」だなんて挑発してはならない。ま、あれは好例だが。
インモラルな例では、某先輩の脱衣芸だろう。絶妙なタイミングとシチュエーションで脱ぐ。
あれは、職人技だ。一種の無理ともとれる、行為ではあるが、良い無理だろう。

なんか、いける気がしてきたので、外の自販機にコーラ買いに行く。
明日はZガンダムと徹スタだ。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-11 23:56
<< 近況 帰宅しました。 >>