シンハーは良いビールだった

テスト期間だというのに、ラウンジの空気は相も変わらず局地的な非生産的惨状で、おれもいつものようにぐだぐだと寝ころんだり、カップラーメン食ったり、煙草吸ったりしていたらグアンイェ氏が、「今日、大隈ガーデンハウスでタイ祭りあるから行こうよ」と誘ってくれた。

なんでも、件の津波の被害を受けたタイを愛する学生有志が、タイにもっと興味を持ってもらいたい!ということで、屋台やらミュージシャンやらをセッティングして夕方から祭りのようなことをやるというのである。
俺も、明日は土曜日で帰っても寝るだけなので行くことにしてみた。

屋台はタイカレー、ヤムウンセン(春雨サラダ)、ガッパオ(鶏挽肉ご飯)、そして2種類のビール、シンハーとプーケットなど。タイカレーはテーブルにドカンと1.5リットル入りのナンプラーのボトルが置いてあって自由にかけていい。ヤムウンセンは唐辛子が丸ごと入ったナンプラーと酢のタレがかけられていて、これがキチガイじみて辛い。菱川も篠原も唇を真っ赤にしてリタイアしたので、おこぼれの恩恵にあずかった。チリソースのくせにやたら甘ったるいソースをかけた手羽先を食いつつ、ビールを2本飲み、満足する。
で、確信したが、俺は今すぐタイに置き去りにされても、食生活の面ではまったく問題が無いはずだ。全部美味かった。パクチーもナンプラーも山盛りであればあるだけ美味く感じるのだから、これは最早DNAレベルで俺の体が愛好しているとしか思えない。小学校高学年あたりから顔つきに疑問を抱いていたが、俺ってやっぱり日本人じゃなかったんだろうか。

とりあえず、Myナンプラーは買う。
[PR]
by sargent_d | 2005-07-09 01:04
<< 戦意喪失 レジュメ完成、歓声、慣性 >>