洗濯物が雨ざらし

目が覚めたら、窓の外は大雨だった。
雨は嫌いでないが、外に出るには降りすぎている。
煙草とコーヒーで意識を戻し、読みかけの本を鞄から取り出した。
盛田隆三『夜の果てまで』。

読み終わり、メールチェックしてから、簡単に着替えてコンビニへ。
雨はいつのまにか止んでいて、ドアを開けると濡れたアスファルトの匂いで思わず咳き込む。

缶コーヒーと夕食の材料をカゴに入れてレジへ。
レジを売っていたのは、オーナーと思しき爺さん。
この爺さん、いつも私服だ。
本来ならファミマの制服を着用せねばならんのだろうが、いつも自前のポロシャツとツータックのチノパンである。
おかげで、このコンビニの店員は身なりがいつも自由なようだ。
腰履きのペインタージーンズや、シルバーのゴツイ指輪、長髪、金髪、いろいろ。

爺さんはカゴから豆腐やもずくを取り出しながら袋につめてゆく。
会計は481円。

あれ?安い。
たぶん、もずく(200円)がレジを通っていない。
一瞬ためらったけれど、「あの、安くないですか?多分もずくが・・・・・・」と、声をかけてみる。

「あれ?あ、ホントだ。一品足りてないですねぇ。すみません」
と、落ち着きながら、あらためてもずくをピッとやり、袋につめて、無言で手元のチロルチョコを袋のなかに投げ込んでくれた。
ちょっと驚いた。コンビニなのに。
毎度ありがとうございます、といわれたのも久々だ。
東京に来て2年以上経ったんだな、と思う。

帰り道、いつも誰も歩いていないので、ついつい路上喫煙してしまうのだが、甘ったるいチロルチョコを舐めながらだったので、吸う気にはならなかった。
今日はもう一冊読んでから眠ろう。


追記

ピリリリリリリリリリ・・・・・・・。

はい。

俺だ、一木だ。

ああ。

お前、いまどこだ。

家だよ。

なにやってんだ。

・・・・・・。

飲むぞ!

お前、いまどこだよ。

渋谷だ!

めんどいな。

いや、すぐ馬場に行く。ハーレー行こうぜ!

・・・・・・いまからだとオールだろ(22:30)

オールじゃなくてもいいけど!オールじゃなくてもいいけど!オールじゃなくてもいいけど!オールじゃ

・・・・・・行くよ。


肝臓を潰しに行ってきます。


追追記

結局、俺、一木、Yずみ、トムさん、Mいさんで飲む。
ジャックダニエルスの新品が二本消失する。
酔った勢いで、他人の携帯で電話をかけまくる。
SWSをフェードアウトしたやつにもかけてみる。
にひらとか。(なつかしすぎ)
結局、吐く。
一木と富士そば。なぜか美味い。焦るほど美味い。
起床して激しく頭痛。煙草吸って吐きそうになる。
[PR]
by sargent_d | 2005-08-09 22:06
<< としとった ひさかたの。 >>