BGMがTMネットワーク

結局、もう一泊して明朝、帰京することにした。
実家ちかくのネットカフェから、接続。

JR新今宮という駅がある。
駅を出てへ行けば、関西最大の電気街である日本橋がすぐある。
大阪版の秋葉原みたいなところだ。
巨大な温泉、プール、アミューズメント複合施設もある。(最近経営がマズイらしいが)

一本、道を隔てて南へ行くと、そこはアウターゾーン。
俺の家はそっちにある。
アルコールとアンモニア、排気ガス、体臭の入り混じった独特の臭いが鼻につく。
日泊まりの安宿、違法賭博所(通称、飲み屋)、立ち飲み屋が並ぶ。
自販機のジュースはどれも70~100円。
大盛りカレーライス250円。
焼酎一杯100円。
飛田新地のお茶、15分で12000円。
三角公園で売っているシャブ、???円。

基準なんて意味の無い街だ。
昨夜は、友人をうちの店に招いて酒を飲んだのだが、道中ずっと彼は目を丸くしていた。

こういう土地で生まれ育ったことが、俺の人格形成にどういう影響を与えたんだろうか。
住環境、それも幼少期ということを考えればとんでもなくエクストリームなところだ。
けれど、俺がそんな突飛も無い人間に育ったかといえば、そういうこともないはずだ。


叔父の家に行って線香を上げた。
叔父が死んで2ヶ月ほどか。仕事場はすっかり片付けられていて、面影もなく、なんともいえない気分になった。
叔父の祭壇の前には、とてもじゃないが積みきれないほどのお供えがあって、叔父という人間がいかに人付き合いを大切にしていたか、と思い知らされた。

そういえば、昨夜の酒席で、友人が小学校の頃の級友たちの写真をもってきてくれていた。
最近、小学校の頃の同窓会があったんだそうだ。俺は行けなかったけれど。
みんなすっかり変わっていた。そりゃあ、10年以上経つんだもんな。
当時クラスのアイドル的な存在だった女の子は見間違えるように太ってしまっていたし、チビって馬鹿にされてた男子は185センチの長身、美形に変貌していた。
俺が参加していたら「変わったね」と言われるんだろうか。
自分じゃあ、いくら考えても判らないし、判る必要も無いのかもしれない。


追記
書き始めたときはTM NETWORKが流れていたのに、なぜかいま残酷な天使のテーゼが鳴り響く店内。なんなんだ、この店。
[PR]
by sargent_d | 2005-08-18 17:49
<< 記憶の捏造 飛田新地のすぐ横の自宅で漫画読... >>