伝達不調

高校生の頃、the brilliant greenが大好きで、ファンサイトまで作っていたことは以前にも書いたかもしれない。
ちなみに、そのサイトからはSLAYERのファンサイトじみたものにも飛べた。同時並行で運営していたから。

で、とあるきっかけで当時、相互リンクしてもらっていたtbgのファンサイトを見つけた。
なつかしー、だなんて思いながら他のサイトにもどんどん飛んだ。
今に比べればネット人口なんてタカがしれていて、どのサイトのBBSも書き込みをしている人々は見慣れた名前。
サイト同士の繋がりも強くて、大抵のファンサイトにはリンクをたどっていくだけで到達できた。
tbgのライブがあると、あ、あなたあのサイトの管理人さんですか。なんてこともよくあった。

今じゃ、当のバンドそのものの活動が停滞し続けているので、そういった繋がりも徐々に少なくなっているのだが。俺じしん、ソロ活動には大した興味もないので。
今、あのころネット上で知り合ったような人が俺のブログをたまに読んでいるということが、やはりあり得るんだろうか。そう思うとなんだか感慨深い。

SNS(mixiやらGREEやら)やウェブログの普及で、サイト運営をする人の割合は、やはり減ったんだと思う。労力が段違いだからな。けど、あのころひーひー言いながらも、見てくれる人がいるというだけで必死で更新を繰り返したのが懐かしい。誰かに何かを伝達するという意味合いはずっとあのころのほうが強かった。
今はただの垂れ流しに近い。

ネットで知り合った人々と、実生活で知り合った人々。
自分にとって、どちらとの関係性が強いのだろうか。
短絡的に考えるのならば、やはり実生活である。
だが、実生活で知り合った人々であろうとも、一度関係がとぎれてしまったあとのことを顧みるのなら、そこまで大差はないようにも感じてしまう。
それは、俺がネットにどっぷりと浸かりきってしまったからなんだろうか?
ネット上のコミュニケーションであっても、関係を続けるなかで、俺に多くの影響を与えてくれた人々は何人もいる。
それこそ、2ch上の名無しさんであろうと、その書き込みに衝撃を受けたことだって何度もある。
ひとは、会ったこともない、会話したこともない、作家や哲学者、知識人の名前ならば「尊敬するひと/影響を受けたひと」として胸貼っていうのに、そこにどういった差異があるんだ?
どういう人だろうと、他人に影響を与えながら生きていくことを免れないはずだ。

ファンサイト時代の人と、久々にメールでもしてみたいなぁ、と思いつつ、夏ライブのコピー。
[PR]
by sargent_d | 2005-08-22 01:39
<< 漫画ばっか 記憶の捏造 >>