唯一神とIT

そういえば、昨日、高田馬場の書店を徘徊していた折だ。
なにやら外から騒がしい音が聞こえてくる。

拡声器の音だ。
妙にわめきちらすそれは建物の5階にいてもなお、ハッキリと聞き取れた。
しかも、どこかで聞き覚えのある声。
ネットかなにかで聞いたな・・・・・・と思った瞬間にある人物の肖像が閃いた。

イエス!又吉イエスだ!

そう、衆議院解散に伴い、東京一区に唯一神であらせられる又吉イエス(光雄)が立候補したのであった。31日に公示を迎え、早速の街頭演説というわけである。
やはり、神である。
目に焼き付くその御姿はやはり普通のおっさん神々しい。

もういい加減みんな知っているであろう又吉イエス。
駅前ロータリーでは大勢の人々(主に若者)が、その姿を見守っていた。
本日も神の演説は絶好調。
「小泉純一郎は首相の座を明け渡さないのならば、腹を切って死ぬべきである!」
電波的な持論を展開した。

又吉イエスについては、ここを参照されたい。
Googleで検索すると、公式サイトよりも非公式のこのサイトのほうが上位になる。
いかに彼が民衆に支持されているかは推してはかるべきだ。

このサイトで最も興味深かったのが、マスコミでの取材記録。
8月30日、東京スポーツの記事が掲載されている。
以下、要約・引用。

・ネットで注目の候補、連行される
東京一区から出馬予定の唯一神又吉イエスこと又吉光雄氏が秋葉原の歩行者天国で演説したが、なんと警官二人に連行されてしまった。
ネット界では注目の人物である氏が、ホームページ上で「秋葉原で演説する」と発表したからさぁ大変。28日、たった一人で現れ、ハンドマイクで政策を演説しはじめると、通行中の人々が「あ!イエスだ!」と集まり、気付いたら400人以上に膨れあがり、過激発言に盛り上がった。
ところが、25分ほどたつと、警察官二人がやってきて「こんなに集まって、どうなってるんですか」又吉氏は「そうですか、すみません」と平身低頭で謝罪。警官が「そこまで頭を下げなくても」と言うほど。
演説の過激さはどこへやら。いきなり、非常にまともな人物に。
警官はその場で事情を聴取しようとしたが、400人の聴衆が「イーエース!イーエース!」と大コールしながら警官を取り囲んだ。
あまりの異様な空気に、警察で事情を聴かれることになった次第だ。

大コールに爆笑感激してしまった。
さて、唯一神には、公式サイトもある。
世界経済共同体党
昨日は1日に18000アクセスを記録している、すさまじいサイトである。

もうツッコミどころ学ぶべき教え満載なのだが、花見会の様子を見ていただきたい。
探偵ファイルの記者と一緒に写っている。
ネタにされていると判っているのか・・・・・・党全体でアホ唯一神はやはり寛大である。


なんでこんな記事を書いたかって、別に唯一神にそこまで言及したかったからではない。
選挙運動が始まったわけだが、どうにもやり方が旧態依然としているとは感じないだろうか?
原因は公職選挙法のせいである。

IT化が叫ばれて久しく、政府も先日IT政策パッケージ2005なる決定をし、5年間のうちに日本を世界最先端国家にすると明言したわけであるが、いまだインターネットによる選挙運動は認められていないのである。
ネットインフラがここまで発展した国家でこれが認められていないというのは日本ぐらいであるようだ。

公職選挙法によれば、選挙を公平なものとするため、選挙活動用の文書図画をビラとはがきに限定、枚数も制限した。ネット上のBBSやブログ、ホームページがこうした文書図画にあたるため、使用によって法律に抵触するおそれがあるというわけだ。
ホームページの存在じたいはOKらしいのだが、更新は新たな掲示や頒布になるおそれがあるのでやってはいかんのだと。
もともとはコストの低い選挙を法律によって目指そうという目的らしいのだが、いまどきネットのほうが安いのは明らか。

こうなってくるとマズイのはなんといってもホリエモン(と唯一神)だろう。
無所属だし、だいたいネット企業の社長だからなぁ。
選挙期間中はブログも更新しないらしい。

ネット投票もいつになったらできるのやら。
システムが確立していない、難しい、というのはわかるけれど、もうちょい本腰入れてみてもいいんじゃないかとは思ってしまう。

東京一区(千代田区、港区、新宿区)住民の人は、唯一神に投票しないと、腹を切られて、地獄の業火に焼かれるそうですよ。
覚悟しておいてください。
[PR]
by sargent_d | 2005-08-31 11:17
<< 求む、ワウペダル 全体としての世界を総括すること... >>