おらんげらんげ

オレンジレンジが活動停止するんじゃないか?という噂を耳にした。

バンドサークルに所属しているせいか、俺の周囲の人々は大抵がアンチレンジである。
無論、俺も。
いくら有名人とはいえ、批判するというのはあまり気持ちのいいものではないが、まぁ、彼らはさすがに弁護しきれない。
たとえば、このサイトを見るといい。
アンチレンジの大本営ともいうべきサイトらしいのだが、トップページにリンクされている盗作疑惑音源を是非聴いてみてもらいたい。

正直、スゴすぎる。
よくここまで、パッチワーク作業のみで曲を作れるもんだと感心した。
初めて「ロコローション」なる曲を聴いたときは「こんなに露骨にシャンプーの有名曲パクっていいの?」とは思ったけれど、やはりみんなそのように思っていたんだな。

それにしても、一体どれだけの曲からパクったんだ?
なかには、さすがにこれはアンチのこじつけだな、っていう事例もあるが、半分ぐらいは納得のいくものばかり。
数年前、B'zの盗作問題がやけに盛り上がったことがあったけれど、オレンジレンジの場合は比較にならんだろう。
あまりに連続する事例を聴くうちに、イントロクイズの様相になってくる。
それも、レンジの曲が流れる数秒間のうちに元ネタを先回りして予想するという、一風変わった楽しみ方ができる。
俺、結構当たったぞ。

ファンはどう認識しているのだろう。
ファンと呼べる人なら、パクリを認識しているはずなのだ。
理由は、以下、タワレコのフリーペーパー、bounceよりの引用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギター、NAOTOのことば。
「聴いてて気持ちいいものは、自分たちがやっても気持ちいい。それを採り入れたらもっと気持ちいい曲ができるから、聴いてる人もきっと気持ちいいだろうと。だから、いいものは参考にしてやったほうが、とっつきやすいし、いろんな人が聴けるし。たとえばこのメンバーの中に、本物の、めちゃくちゃロックが好きな人はいないんですよ。〈ロックに詳しいぜ〉とか、〈ファンクに詳しいぜ〉とか、そういう人は1人もいないから、自然にそうなってます。もともと音楽はあとからついてきたバンドだから、みんな手探りで、〈じゃあ、これとこれとこれを足そう〉とかやってる。とりあえず全部に触れておいて、参考にできるものは全部参考にしようと。オレたちの中の合言葉は〈パクろうぜ!〉です(笑)。まずはカヴァーするんですよ。で、ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おいおいおいおいおい。そこまで、いろいろかなぐり捨てて構わないのか?
これって、冗談かもしれないけれど、ファンを馬鹿にしているとしか思えない。
「どうせ元ネタなんか知らないやつが聴くんだから、大丈夫だろ」っていうニュアンスに読み取れないか?少なくとも俺にはそう読めるぞ。
これを読んで、尚更ニコニコしていられるファンはよほど寛容なのか、基礎的読解力が欠落しているかのどちらかなんだろうな。

サマソニにも出演した彼らだけど、やはり問題が多々あったらしい。
ヤンキー風の人たちが「FUCK ORANGE RANGE」とプリントされたTシャツを着て歩き回っていたり、「13時、ミカン狩り決行」と書かれたプラカードを持つ人がいたり、レンジファンがTHE ROOSTERのライブから前列に陣取ったあげく、ボーカリストがキレ気味だったとか。
サマソニの掲示板は荒らしを恐れて、書き込みを制限していたみたいだしな。
そういう対応をしなかったエゾロックの掲示板はレンジで荒れ放題だったらしい。

思えば新歓期も困ったもんだった。

俺  「バンドサークル興味ないですか?」
一年「バンドですか、音楽は好きなんですけど・・・・・・」
俺  「へー、どんなの聴くんですか?」
一年「いや、色々と・・・・・・・」
俺  「試しに言ってみてよ、うち色んなバンドやってんだよ」
一年「オレンジレンジとか・・・・・・」
俺  「・・・・・・あー、オレンジレンジねー。そうかー、ありがとー、興味あったら出店来てよ。じゃあ、さよならー」
というやりとりが5回ほどはあった気がする。
そういうやつに限って、パンクスっぽい格好してんのね。アホかと。

日常でだって
知人A「最近どんな音楽聴いてるの?」
知人B「オレンジレンジばっかりだよー。着メロも変えたんだよ」
知人C「へー、鳴らせてよ」
♪(ラブパレード演奏中)♪
知人B「マジいいよねー、レンジ」
知人A「ほんとほんと、私たちと歳かわんないのに凄いよねー」
知人C「あれ、なんで浜崎君黙ってるの?」
俺   「・・・・・・。」
という状況はありがちだ。

さて。
このサイトを見て欲しい。

ハレンチ☆パンチ・・・・・・。
もう、ここまでくると、どうにでもしてって感じだ。
たまごっちの偽物が大量精算されていた時代を思い出す。
しかし、パクリで大成したレンジを露骨にパクるというギミックはもしかしたら計算高いものなのかもしれないと思ってしまう。

それにしても、ハレンチ☆パンチへのレンジファンの批判が熱すぎる。
「レンジをパクるなんてありえない!!」
「オリジナルの曲もつくれないのか!」
「こんなのラップじゃない!!」
・・・・・・お前ら全員まとめて、耳鼻科、精神科、脳外科、周回ツアーしてこいと。

ちなみに、そんなハレンチ☆パンチは9/9放送のポップジャムでオレンジレンジと競演するらしい。すげぇな。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-02 00:48
<< スレイプニール 求む、ワウペダル >>