最強の候補者

先日の記事で唯一神、又吉イエス光雄に触れたが、どうやら今回の衆議院選、セカンドインパクトが勃発したようだ。

既にネット上では大きな話題になりつつある。
東京22区(多摩・三鷹周辺)に立候補した若干25歳
山下万葉(やました ばんば)氏

彼の凄いところは、その年齢だけではない。





代表的な肩書き:無職
趣味:アニメ鑑賞
最終学歴:文化学院中退

無職って代表的な肩書きに成りうるのか??
とりあえず、チラシなどから、彼の主張を引用してみる。

・学校 いじめ問題
私は中学校の入学式から暴行を受けました。
いじめは人間の人格と存在を否定する狂気です。
文科省の責任ですべてのいじめ経験者に人生の補償を行わせます。

・アニメ、声優界改革による若者の雇用確保
志望者全員が確実に声優になれるよう国が作る公設民営人材バンクを創設します。
アニメ文化のさらなる発展のため、国営でアニメ専門テレビ局を作ります。
悪名高き専門学校と養成所の廃止を目指します。

・青少年の居場所作り
放課後の部活動に、子どもと一緒に遊ぶ相手としてディズニーランドの若い女性キャストを招きます。
心優しいディズニーのキャストを教師に採用します


マジですげぇんだけど。唯一神を超えたぞ、これ。
要するに
・無職
・アニオタ
・ディズニー狂い
・いじめられっこ
だろ?当選したらプロジェクトXどころじゃないな。

しかし、無職なのにどうやって選挙資金をかき集めたんだろうか。
立候補するにも、たしか300万円は必要だったと思うんだが。
親がリッチなのか?

多摩在住の皆さん、是非、一考を。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-09 07:15
<< ベネチアの失言 LORELEI >>