ビールしか飲んじゃダメらしい

ネタ元海外ボツ!NEWSさん

ドイツの祭りといえばオクトーバーフェスである。
メタラーとしてはWacken Open Airも熱いけれど。

オクトーバーフェスは言わずと知れたビール祭り。
2週間の開催期間中に6000000リットルものビールが消費されるという、ちょっとドイツ人を好きになりそうな祭りだ。

そのオクトーバーフェスで今年から、アルコール類がビールに限定されたらしい。
アルコポップスなる炭酸アルコール飲料を飲む人が結構いたらしいんだが、それで酔いすぎた女性が上裸になるという事態が多発したらしい。
ベルリンのラブパレードでは当たり前の光景なんだろうけど、オクトーバーフェスはさすがに伝統もあるので見逃すわけにはいかんかったのだろう。

酔ったドイツ人というのはどうなんだろう。
日本人みたいな酔いかたをするのだろうか。
酒は、ほぼ万国共通の風習とはいえ、酔いかたにも国民性というか土地柄が現れそうな気がする。

ちなみに、ドイツには
「酔って狂乱、醒(さ)めて後悔」
という諺があるようなので、このへんは同じなんだろう、やっぱり。

ちなみに、酒にまつわる言葉で俺が好きなのは、ロバート・キャパの言った
「神はこの世を六日間で創り給うた。そして、第七日目には、二日酔いを与え給うた」
って、やつだなぁ。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-10 15:55
<< 日本発オリエンタリズム ベネチアの失言 >>