ヌルヲタとしての感覚

F2スマイルというフジテレビの番組を食事しながら見ていたら、コスプレ特集だった。

コスプレ撮影会に潜入!とかいう企画だったが、なんだか、レイヤーもカメ子もフジテレビサイドが予め用意しておいたとしか思えない香ばしさだった。
そういうほうが番組的にオイシイのは判るけれど、これを判断材料にされるとなぁ。

俺はコスプレしないし、したいとも思わないし、撮影したいとも思わない。
けれど、そういうカルチャーがあることは不思議でないし、求められているものも多少は判っているつもりだ。
「電車男」以降、変なかたちでオタクにスポットが当たり続けていて、俺みたいな所謂「ヌルヲタ」(中途半端なオタク)にまでも好機の視線が突き刺さることも珍しくはない。





それにしても、「電車男」流行りすぎじゃないか?
実際の過去ログ見ればすぐに判ることだけれど、終盤あたりは最低だぞ。
なんだか、実際にあったいい話として語られている現状に微苦笑することもままならん。
2ちゃんねる特有の殺伐さがまったく描かれていないっていうのもなぁ。
殺伐という空気のなかで、ああいうスレが立ったからこそ面白かったのに。

とにかく、キター!!!をはじめとする、タームやギミックをテレビ画面越しに見る気持ち悪さがどうしようもない。

あと、avexはやはりというか、なんというか、最低。
なにが「のまねこ」じゃ。
語り尽くされてるので、敢えては書かないが。

しばらく前にボイルドエッグス新人賞を受賞した、将吉という作家の『コスチューム!』というコスプレネタの小説はわりと楽しめた。(なぜか俺の本はサイン入りだった)
表紙で、ちょっと購入を躊躇ったが。


ついでに書くが、エウレカはやはり面白いぞ。
全50話の予定らしく、未だ折り返しにも到達していないが、この展開の良さは何だ?
エヴァと比較対象されることの多い(実際共通点多し)作品だが、キャラ設定の点でベクトルが違っていると俺は思っている。
宗教哲学が根底にあるのは同じだが、エウレカは仏教、チベット教ベース。

音楽ネタも多い。
登場するロボット(LFOと呼称)の名称がtypeR606、808、909って、Rolandのドラムマシンの型番だったり。やけに細かいところをついてくる。
オンライン配信で第一話がタダで見られるので是非。

尋常でなく作画クオリティが高い(メインアニメーターがジブリ出身、劇場版カウボーイビバップの作画監督補佐)ので、エヴァのように最後でおっつかなくなって作画にカタストロフをもたらさないように祈る。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-12 17:12
<< アメリカとラノベ市場とフルバ Nice Fuckin'... >>