幼少期のトラウマ

今日のTVチャンピオンはアキバ王選手権なわけだ。

とりあえず、見てみるがどうなることやら。
オタクのイメージ拡大再生産が予期されてしまうので、複雑な心境。



情報源:ねがすぱ
「トラウマになっているアニメのシーン」

やっぱり幼少期に見ただろうものが多いな。
小さい頃はそれこそなんにでもビビっていたなぁ。
俺の場合は「ガンバの冒険」に出てきた「ノロイ」ってキャラなんだが、判る人いるだろうか?
あのアニメの全編とおして浮きまくったキャラだった。
白くて巨大なイタチでガンバの仲間(ネズミ)をことごとく殺しまくるという、およそ子ども向けアニメにはあるまじき凶悪キャラ。

あと、NHK「みんなのうた」の「メトロポリタン美術館」
これは今までにも大勢の人が賛同してくれているのだが、どうだろうか?
薄暗いメトロポリタン美術館のなかで小さな女の子が、天使の像やミイラと一緒に踊ったあげく、自分の大好きな絵の中に閉じこめられてそのまま終了という、なんとも救いようのないストーリー。
幼稚園児が見たら泣くに決まってんじゃないか。

エヴァももう少し小さいころに見ていたらトラウマだったろうなぁ、と思う。
バルディエル(3号機)戦は目玉も脳漿も神経も飛び出しまくり、ゼルエル戦も血みどろ、挙げ句に食ってる。俺が見たのは小5だったからなんとかなったけれどね。
ちなみに、エヴァも10周年。
未だにパチンコになったり、新作のサントラが出ているあたり、GAINAXは無茶するなぁと思う。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-15 11:38
<< iPodと現代用語とSNS研究... 春樹と大盛りとチルドレン >>