十月、快晴、運動会は無し

今日から学校に行かねばならん。
なんだか、夏休みが長いだけに、学校に通うというのがどういうことなのかさっぱり判らない。
前期はサークルのおかげで、学校に行っている実感も湧かなかったし。
本格的に就活が始まるまでは、つかの間本業に専念ということか。




夏休みはとても良かった。
サークルやNGOの友人たちのおかげでとても良い時間を過ごせたし、自分一人の時間も十分に持つことができた。
時間があるので普段は読めないような本もたくさん読めたし。
なかでも『金枝篇』は面白かった。この歳にしてオカルトにのめりこみそう。

夏に読んだ本でとくによかったのは
・井坂幸太郎 『重力ピエロ』
・中島らも 『ガダラの豚』
・村上春樹 『海辺のカフカ』
・福井晴敏 『終戦のローレライ』
の4冊。

さて、10月だ。
小学生の時分だったら、運動会のある季節だもんなぁ。
すっかり1年も中盤というか、むしろ佳境へ差し掛かっている。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-30 10:24
<< シュレッダー ヘビメタさん続行の予感 >>