求む、PILOT V-CORN

後期早々にして卒業論文計画書なるものを書かされた。
気が早いように思えなくもないが、本来はそれぐらい本腰入れるものなんだろうな。

俺はすでに書く内容も希望教員も決まっているので、とくに苦もなかった。
けれど、卒論はいわば学校生活の集大成として考えることも可能なわけで、いままで勉強してきたことが、卒論でどれだけ生きてくるのかと多少不安にもなる。
自分で論文のテーマを自由に決めて勉強できるというのは大きな魅力だけどね。



いつの間にか愛用のボールペン(100円)を紛失したので、文具店に行くが、無い。
学校の生協にも、無い。

やむなく、別のペンを買ってはみたが、やはり書き心地が気に入らない。
弘法筆を選ばず、とは言うが、俺は弘法様とは雲泥の差なので、やはり筆を選んでしまう。
俺の使う文具はずっと変わらない。

ボールペンはPILOTのV-CORN、マジックはサクラマイネーム、シャープペンシルだけは3年に一回ほど変わる。消しゴムはずっとトンボ。
定規にいたっては、小学校3年生のころからドラクエⅤの12センチを愛用している。すっかり絵柄も消えた。

とにかく、ボールペンはV-CORN以外、使いづらくて仕方がない。
水性直液式でインクがガンガン出るからサラサラと書ける。
多少滲むけれど、問題じゃない。
油性やゲルの引っかかる感じが、書くのを邪魔されているようで、どうにも気にくわんのだ。
よく、駅の定期券売り場や市役所なんかに油性のボールペンがおいてあるけれど、あれで書くと文字が壊滅的にきたなくなるので、自分のパイロットをわざわざ取り出すぐらいに愛用している。

こだわり、というのは少し違って、単に効率の問題だ。
デスクトップのキーボードに慣れた人が、ラップトップの薄いキーボードに戸惑うように、
柔らかいオニギリピック使っている人が、ポールギルバートモデルで弾けないように、
どれでも良いというわけには、なかなかいかん、という話だ。

そういうのって少なからずみんなあると思うのだが。
とにかく、俺の欲しているペンを見つけたら、即時メール入れて欲しい。
何本買うかを返信して、しっかり買い取るんで。
[PR]
by sargent_d | 2005-10-04 01:33
<< korn新作発売 シュレッダー >>