断髪の対価

断髪した。バッサリと。
おかげでなんだか落ち着かない。



就活なんで、短くしてくださいと担当さんに伝えると
「え? だってまだ3年生でしょ?」
と、驚かれた。

村上龍が以前、雑誌かなにかで
大学生の貴重な時間を就職活動なんていう、行為で無駄に食いつぶすなんていうのは勿体ない。どうして半年近い時間を拘束するようなシステムに多くの人々が疑問を持たないのか。
とかなんとか書いていたのを思い出した。

実際、そうかもしれないと思う。
が、俺はわりと就活を楽しめるかもしれない、とも思っている。

どちらにせよ、システムに迎合するということは悪いことなんだろうか。
単に効率の問題じゃないだろうか。
自分にとって効率がいいと判断すれば、従えばいいし、そう思わないのならやめとけばいい。
そもそも、社会には規範やルールがある。
ルールは決して絶対的なものではない。所詮、人為的なものだ。
赤信号で進んではいけない、けれど、明らかに車が来ない状況なら渡るべきだ。
そのほうが効率がいい。
システムを無視することも、がんじがらめになることも良くない。判りきったことだ。

ところで最近、妄想が激しい。
自分は齢30を前にして気が狂うんじゃないか、という漠然とした不安がある。
宗教に自己を埋没させてしまう人の気が判るような気がする。

夜は物事を考えさせすぎる。
静謐は時として害悪だ。自己の喧噪が顕わになる。
[PR]
by sargent_d | 2005-11-11 01:03
<< 結果 冬の朝の大掃除 >>