酒の話

世の中をニ分するなら間違いなく自分は好きな部類だし、飲める部類でもあります。
調子がいいときは結構飲んでも潰れません。
普段飲む酒は主にウイスキー。あと日本酒とジンを常駐させています。
ビールはなぜか飲めません。
単純に味が苦手なだけじゃなくて、同じアルコール量でも酔いやすいですね。
55度のバーボン飲めても缶ビール一本飲み干すのが限界というのは悲しいもんです。
ビール飲めないってのは飲み会での楽しみを多少失っているような気がしてなりません。
そりゃあ、俺だって中ジョッキを高々と掲げて乾杯したいですよ。
緑色したライムサワーの入ったグラスはどうにもサマにならんのです。

初めてウイスキーを美味いと感じたのは学校の近くのロックバーです。
先輩が馴染みということで連れて行ってもらいました。
さすがにいきなりストレートやオンザロックで頼むのも気がひけたので、コーラで割ってもらいました。
アイアンメイデンが流れるなか、みんなで大騒ぎしながら飲むワイルドターキーのコーラ割りは最高に楽しい酒でしたね。
となりで調子乗ってダブルのロックをガバガバ飲んでた友人がブッ潰れ、近くのマンションの駐車場で吐きまくったのも今ではバカな思い出です。

今まで飲んだなかで一番強烈だったのが中国産のトカゲ酒。
マオタイ酒の薬用バージョンみたいなのにトカゲが姿一匹まるまる漬け込まれていて。
ショットグラスで一気に飲みましたが、さすがに呻きました。
異常な度数(多分70度以上)と臭みはいまでもハッキリ覚えています。
飲んだ酒が食道を流れ、胃に到達し、3分経ってもまだ溜まっているのが知覚できるほどでした。
あの酒、当然ながら余りまくってたはずだけど、どう処理したのか今でも謎です。
[PR]
by sargent_d | 2004-02-25 23:29
<< アレフとかいっちゃって 昨日 >>