八間、釣行

今日も釣行。
前回と同じく、利根川水系の小貝川。
性格には牛久沼と小貝川の合流地点。

朝5時半にTくじさん、N山と西武線車内にて集合。
さすがに全員眠たげ。

祭日ということで、現地は釣り人が多かった。
有名ポイントなので仕方が無いけれど。

午前中は釣れず。
Nが抜け駆けで一匹(30センチ)だけ釣った。

午後になって周囲もポツポツ釣れだす。
結局Nが3匹、俺が一匹だけ。
ただ、45アップの良型だったので満足。
最近サイズに恵まれている。
Tさんは残念賞。またリベンジしましょう。

しかし、釣り人ってまだまだいるんだな。
一時のバス釣りブームは物凄かったけれど、今じゃどこ吹く風。
当時、得意げに趣味はバス釣りですって公言していたキムタクも最近はそんなことをとんと聴かない。飽きたのか。
それでも、やっぱり本当に釣り好きな人は残っていて、少し嬉しい。
昔は人気フィールドに行けば、技術も無ければマナーも無い、どうしようもないにわかアングラーだらけで釣りがしにくかったことこの上ないけれど、最近はそういうわけでアングラーが淘汰されているので多少人が多くても快適だ。

これは釣りに限ったことじゃないけれど、どんな事象であっても、それが世間でブームになってしまうと全体的な質の低下が起こることが多い。
けれど、それが後の基盤になることもままあって、ブームというものが良いのか悪いのか一概には言えないなぁ、と今日思った。
[PR]
by sargent_d | 2006-11-03 20:51
<< 危険 罪名:イヤホンからアニソン垂れ流し >>