危険

mixiが荒れている。

mixiをやっていない人にはわかりづらい話で申し訳ないが、流れとしては

設定変更で、「足あと」がつかない裏技が使える、という噂が流れる

裏技を実行した人多数

その裏技、実は足あとがつかなくなるのではなく、誰からもアクセスされないようになる(完全に孤立するってこと)

実行した人々が驚愕、憤死寸前の人も

解除方法(嘘八百)が流布する(以下)

足跡が消える等の書き込みは全て2chねらーによる破壊工作です!
注意して下さい!

IDに0と入力することで他者から自分に対してアクセスが出来なくなります。
今すぐにでも復興させたい方は、まずこの行為のログを消去しなくてはいけません。

スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を起動して
FORMAT C: と入力。(絶対しないこと)

これによってログの消去が完了し、復興することが可能になります。


実行してPCクラッシュする人続出

と、こういう事態。
当然ながらコマンドプロンプトでこんなことやったらCドライブが消滅する。
PCについて多少の知識を持っていればわかることだが。

なんというか。
もちろん、不謹慎ではある。
人がテンパっているところに付け込んで、やってはいけない悪戯をやってしまっている。

けれど、俺は一瞬だけ、痛快やのー、と思ってしまった。
というのも、ネットの怖さというものが久しぶりに見えた気がしたからだ。

俺がネット上で一番嫌いなものは「教えて君」だ。
掲示板などに突如現れて「~ってなんですか? 教えてください!」って言う奴。
図書館の百科事典の棚の前にいるのに、隣の他人に「~って何ですか?」って聞く奴と同じだ。

本当に簡単な自己判断や調べ物ができない奴が多すぎる。
プロバイダのサポートセンターで働いている人が苦労話をまとめたサイトが昔、流行したのを思い出す。

今回のmixiの件で、そういった人種がひっかかっていたなら、ちょっと愉快だと思ってしまった。
まぁ、運悪くひっかかってしまった人は気の毒だけれど、いい教訓だと思う。

ネットは決して、簡単、便利、楽しい、だけのメディアではない。
そういうことが忘れられかけていることが一番危険だ。
[PR]
by sargent_d | 2006-11-06 17:34
<< ヨーデルプログレ 八間、釣行 >>