帰宅途中

バイトを終えての帰途。ほぼ満員の西武線各駅停車の中。
ドアすぐ横の角(いわゆる痴漢ZONE)に立って窓の外を眺めてました。
下落合直前でいつものように電車が少し揺れます。
いつものことなので身じろぐこともありません。

が。

前の女性が思いっきりよろけました。
ハイヒールのミュールだったので不安定だったのでしょうね。
後ろに倒れそうになった彼女は右足をで思い切り踏ん張りました。

でも、踏みしめてるのは床じゃなくて、俺の右足、コンバースオールスターの先っぽ、白いとこなんですよね。

激痛。驚きと痛みで声も出ない。
「んんんっ・・・」程度の呻き声しか出ない。
当然、慌てて俺に謝る女性。
俺もそれに応じようとするがまともには反応できない。

そしたら、そいつこともあろうに。
連れの女性とひそひそ話始めやがって。

「やっばーい、思いっきり踏んじゃったぁ。ヒールで」
「うそー、それ痛いよー」
「んー、でもそんなに痛そうな感じじゃなかったよぉー」

全部聞こえとるし、痛いに決まっとるやろうがぁぁぁぁぁぁぁ

・・・・・・というのは、心の叫び。言えないですよね。
しかも美人だったし。
[PR]
by sargent_d | 2004-06-25 23:13
<< クラプトンのギター、史上最高価... http://www.bill... >>