休日、またも茨城県

社会人になってからの土日のテンションの上がり方はおかしい。
とりわけ、今日は釣りにいくとかなり前から決めていたので朝5時から目が冴えて仕方が無い。

代々木から山手線に乗り込むと周りは飲み明けの人ばかり。
途中、社内で白人男性に声をかけられた。
俺の持っていた竿袋(2mくらい×3本)を指差して「Kendo?」と。
「いや、フィッシングだよ」と答えると「そりゃいい、俺はカナダの出身で云々」と話し始める。
あんまり聞き取れなかったけれど、最後に「Good Luck!」と言ってくれたのは嬉しかった。

馬場で一旦下車し、オール明け瀕死のN山を拾い、いざ茨城県は小貝川。
せっかく春なので、景色を満喫するためにいつもとは違うエリアを選択。
東京に来てから初めて行った釣り場へ向かった。今日が2度目。

釣り場に着いたのは7時半ごろ。
朝の川べりは気持ちがいい。
葦の新芽が川沿いに生え始め、アメンボがその隙間を遊泳している。
気温は昨日よりも下がって、青っぽい草の匂いが立ち込めていた。

午前中はN山に一匹、30cmくらいのがかかっただけ。
今年に入って三度目の釣行だが、前回、前々回は見事にノーフィッシュ。
さすがに3連続はあり得ない。
焦りつつ、ポイントを巡っていく。

初めて訪れたときは52㎝の自己記録を釣り上げた小貝川。
デカイ魚がいることは判っているのだけど。

日も南中しかけたころ、以前に実績のあったポイントに到着。
葦、日陰、沈船とこれ以上ない絶好のポイント。

ということで、釣り上げたるは人生二匹目の50アップ。

a0004254_19535958.jpg


顔が正視に堪えないほどヱビス顔になっているので修正しておいた。

とりあえず面目躍如。
カナダ人の兄ちゃんに感謝。

結局これ一匹で本日終了。
脚はすっかりむくんでいるけど、いい休日でしたとさ。
[PR]
by sargent_d | 2007-04-15 19:56
<< 浜 懊悩 >>