xionmao

会社同期の飲み会からいい気分で帰宅。

ラーメンの湯を沸かしながらテレビをザッピングしていたら驚いた。

聴いたことのあるメロディ。
と、いうよりは聴きなれた曲。

テレビ東京の「エリートヤンキー三郎」というドラマのOPなのだが。
以前、某先輩のライブを見に行ったときに三軒茶屋のヘブンズドアで対バンをはっていたxionmaoというバンドの曲。

ライブハウスに行く機会ってのはわりと多いほうだと思う俺だけど、対バンが気になることってのは意外なほどに少ない。
そんななかで気になって、ライブ後に思わずCD-Rを衝動買いしたバンドの曲だった。

なんつーか、こういうこと書くのはアレなんだけど。
インディーバンドがメジャーデビューするってのはやっぱり凄いことだと思ってる。
自分でメジャーを志したこともない俺だけど、いざ現実的な成功例ってのを初めて具体的に体感できたし、ものすげー嬉しく思う。

というのも、やっぱり応援しているインディーバンドがいくつかあるからで、そういうバンドに対して「頑張れー」ってより素直に思えるようになったから。

酔ってるから明らかに日本語変なんだけど、こういうのって普段、リアルには感じにくいことだから、ひとまず書いておいた。それだけ。


ちなみに、そのxionmaoの曲「さくら」はホントに完成度が高い曲だと思う。
検索すればひっかかるはずなので、興味あるならどうぞ。
メジャー版CDも買おうっと。
[PR]
by sargent_d | 2007-05-19 00:42
<< クレジット 三文芝居 >>