パスタ

気づけば一人暮らしも6年目だ。
すっかり慣れすぎて、たまに実家に帰ると落ち着かないし、誰かが家に来ただけでも自分の座る位置が判らなくなる。家というよりは巣穴というほうが正確だろう。

ずっと言っているように、掃除は駄目でも炊事、洗濯は好きだ。
とりわけ炊事に関して言えば、社会人になってから余計に熱が入った。
朝8時前に家を出て、夜9時すぎに帰宅するものだから、平日は読書と食事くらいしか楽しみがない。

社会人になって食材に金をかけられるようになったことも大きい。
学生時代、パスタといえば具なしのペペロンチーノばかり食っていたが、最近ではバリエーションも増え、ポモドーロやらボンゴレビアンコやらをしょっちゅう作るようになった。
今日はムール貝が安かったので、海老と烏賊も買ってペスカトーレに。パスタもリングイネを用意した。

作りなれてくるごとに、その日の出来不出来がよく判るようになってくる。
トマトソースを中火で煮込んだときと弱火でゆっくり煮込んだときの違いだったり、茹で汁の塩分の濃さだったり、昔は判らなかったことも少しずつ気づくようになってきた。

そのうち加速度的に色々と試したくなって、色々なメーカーのパスタを試すようになってくる。
昔はママーのスパゲッティーニ一辺倒だったのが、ディチェコやバリラといったメーカーになり、太さもカッペリーニ、スパゲッティーニ、リングイネぐらいは使い分けるようになった。
(もっぱらディチェコのNo.11を多用しているけれど)

元来がのめりこむ性分で、例えば読書にしても気に入った作家を見つければ片っ端から作品を読み続ける。釣りにしても信頼できる道具が見つかれば、それをひたすら使い込んでいる。よってパスタもしばらくは作り続けるのだろう。
プジョーのペッパーミルを購入する日も近いかもしれない。

パスタ好きというと、どうにも気障ったらしくて、それだけが嫌だ。
そもそも家庭料理なのだから、テレビや雑誌で大騒ぎするようなものではないはず。思考停止気味に「ランチはパスタ」なんて抜かしているのを見ると、それしか知らんのかい、と思ってしまう。(まぁ、俺だって思考停止気味に「ランチはメルシーのラーメン」だったわけだから人のことは言えないのかもしれんが)

安くて美味いパスタ屋募集中。オシャレである必要は皆無。
ちなみに、そういう蕎麦屋と鰻屋ならストックがある。どちらも最高なので、暇があったら誰か誘うかも。
[PR]
by sargent_d | 2008-03-30 21:48
<< ブラストビートな料理番組 亀山ダム >>