BPM280の"Master Of Puppets"とPerfume "edge"

早めの帰宅だったのでタワレコへ。

perfume新譜目当てで、あとfatboy slimやらlove psychedelicoやらFear Factoryやら。一枚異業種が混じった。

もうすぐ24歳だけど発売前日にperfume買いに行くってのはどうなんだろう。
しかし、家でじっくり聴いてみたところ、買いに行って良かったと思わざるをえない。
今回の新譜"love the world"だけど、ハッキリ言ってc/wの"edge"が最高の出来栄え。これは今までの曲の中で一番好きかもしれん。さっきからエンドレスでリピートしてる。

"ポリリズム"のときのc/w"seventh heaven"もそうだったけど、どっちもシングルでいける。
もっとも"GAME"のアルバム曲も然り。

ポップスの何に幻滅するって、シングル曲とそれ以外のクオリティ差なんだが、そういう意味でよくできてるなぁ、と毎度感心する。
尚且つ、メンバー3人がよくわかってない風で、その上やらされてる感がないのが凄い。

レーベルも「テクノポップ」なんて判りやすく謳うのなら、"edge"や"take me,take me"みたいな曲で一枚くらいシングルカットすればいいのに。(ハウスやエレクトロニカなんて言葉使うと敷居高いので「テクノ」という言葉の使い方はアリだと思ってる。そもそも俺も明確には判ってない)


オマケ

前回に引き続き、動画。perfumeは関係なし。
驚異的な"Master of puppets"のプレイ動画。
カーク・ハメット涙目確定。

youtube転載
オリジナルのニコニコ動画

内容は同じ。BPM250のマスター。
無論、全部ダウンピッキングで、ラストはBPM280。
オリジナルはBPM210ぐらいか。
速過ぎて笑えるので是非。
[PR]
by sargent_d | 2008-07-08 23:00
ブラストビートな料理番組 >>