<   2004年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

たまには真面目に。

最近非常に気になる話題。
所謂、輸入CD規制。
詳しくは
http://copyrights.livedoor.biz/
あたりを参照。

要するに輸入盤は相当手に入りにくくなるってことです。
じゃあ、国内盤がリリースされないマニアックな輸入盤はどうなるか?
基本的には輸入可能。ただし、国内盤の発売が決まった時点でそれらは全て売ることが違法、あまつさえ保有も違法。
輸入盤が売れ、それをうけて国内盤リリースという流れもなくなるわけですか。

また、関係ないCDも税関でストップかけられる可能性大だそうです。
なんでかっつーと、税関の人はそこまで音楽事情詳しい人じゃないから。
たとえば、とあるアーティストが10枚のCDをリリースしていたとします。
で、そのうち国内盤出てるのが6枚だとします。
するってーと、あとの4枚は輸入盤OKなはずですが、税関はそんな細かいこと気にしてくれるでしょうかね?

タワレコや、HMVにしろ、入荷するでしょうか。
もし、国内盤リリースの契約が結ばれたら、最悪のパターン、その時点で在庫商品は全部破棄ですよ。
大量入荷できるはずもなく、コスト面を鑑みても結局値段は国内盤と同じぐらいになるのかもしれないですね。

まー、よもや、こんなクソ法案がそのまま可決するとは思いません。
ただ、危惧される事態は確実に存在するわけで。

もともとは、アジア諸国からの安価な逆輸入邦楽CDを規制するためのものだそうです。
で、その68万枚の逆輸入を規制するために、6000万枚の輸入CDを規制するそうです。
真面目にそんなオナラプーなこと考えとる国会議員がおるんですかい。
もちろん、なんらかの理由ありきの提案でしょうし、改善が必要な部分もあって、推進派の言い分も一理あるのでしょう。
ただ、このままの状況はいくらなんでもと思うんですよねー。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-13 01:34

5/10

昨日は小雨のなか、新宿を一日うろついていたのでさっぱり疲れがとれない。
明日のチャイ語の予習が相当にめんどくさい。
別に予習は宿題でもないからやんなくてもいいだけど、やってないと当てられたときに相当マズイ。
先生がフォローしてくれるとはいっても、あの独特な空気はいたたまれない。
一回の授業で15人ぐらいが指名される。まだ一度も当たってないので、そろそろ来る。

今月のヤングギターは表紙がスラッシュ。
気になったので店頭で立ち読みしてみた。
公式サイトで音源も聴ける。http://www.velvetrevolver.net
かーなりカッコ良い。スラッシュ節炸裂してる。
ライブ観たいなぁ。

それにしても、別ページに掲載されてたジョン・サイクスの太りっぷりは・・・・・・。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-10 22:48

二郎再び

最近はバイト続きで相当にスタミナ切れ。
となれば、行くのは馬場のラーメン二郎である。

確かに以前の日記では二郎をこてんぱんにけなした。
しかしである。
3日経つと、また食いたくなっている自分がいるではないか。

というわけで、もう数回二郎には行ってしまっている。
おかげで胃拡張もいいとこだ。
最初あれだけ俺を苦しめた小ラーメンも今ではたやすく胃袋におさまってしまう。
味源なきいま、馬場におけるエクストリームラーメン道の最高峰に位置する二郎には何か、マジックがある。

で、今日も張り切って店に向かった。
5人並んでいる。
基本的には並んでラーメン食べるのは好きじゃないんだが、こと二郎に関しては、窓から強烈な匂いと壮絶な光景を同時に体感できるので、席につくまでにテンションが上がる。

2人組みが食べ終わってカウンターから立ったので、俺とその後ろに並んでいた男性が並んで座ることになる。
ふと彼の右手を見ると、そこには黄色い食券。

(・・・・・・大盛!?)

彼は体型的には俺と同じで、身長が10センチほど低い。
どうみても小食っぽい。
恐らくは何も知らずに二郎に来てしまったのだろう。
窓から中を見て、みんなが食べているサイズが大だと思ってしまったのだろう。
まさか、あのサイズが小だとは思わないのだろう。
えらいことしおったなーと横目に見つつラーメンを待つ。

以前の日記でも書いたが、二郎ではラーメンがカウンターに乗るまえにトッピングを聞かれる。
ここで、上にのせるヤサイ(モヤシとキャベツ)やニンニクの量を調節するわけだ。
「ハイッ、そちらのお客さんは?」と聞かれるので「ヤサイニンニクで!!」と元気良くコール&レスポンスを行うわけである。
食券制であっても、この店と客とのやりとりは素晴らしい。
立ち食い蕎麦屋における
「いらっしゃい!!こちらどうぞっ」
「テンプラね。あ、タマゴも入れて」
という、粋な会話の流れを踏襲しているではないか。

そんなことを考えていた刹那、隣(例の彼)のオーダーが耳に入る。
「カラカラメヤサイドカモリニンニクで!!」
(日本語訳→醤油+醤油+ヤサイ+ヤサイ+ヤサイ+刻みニンニクをトッピングしてください)
・・・・・・えええええっ!!!???
一瞬のうちに店内の空気が張り詰める。
大ラーメンにこのトッピングは相当な熟達者ではないか。
少なくとも俺が二郎で耳にした呪文の中ではもっとも複雑である。

そして魔界から召喚されたかのごとくガッデムサノバビッチなブルータルラーメンが眼前に現われる。
デカイ・・・・・・これぞ飽食時代の完全無欠な象徴ではないか。
おそらくメルシーのラーメンにカロリー換算で5~6杯ぶん。(マジ)
カウンターから、そして外の行列から全ての視線が一杯のラーメンと、それに果敢にも対峙する一人の漢とを見つめている。


・・・・・・漢は打ち勝った。
しかも、高速で。俺と2分差ぐらいであった。
久しぶりに痩せの大食いを体現しているやつを見てしまった。
店の外でガムを噛みつつ、烏龍茶片手の俺の前。
食後のジュースを自販機で買う彼はまさにデスピサロに打ち勝った直後の勇者の姿のようであった。
自信と誇りに満ちている。


・・・・・・帰りの電車の中では口で息するの我慢するんだろうがな。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-08 22:22

さっきまで飲んでた

ダムドがサマソニ出演だそうですね。
もう何歳なんでしょ。ちょっと見てみたいけどなー。
別の日にはTHE MUSICも出演するから、そっちも気になるけど。



最高なオヤジと喋りながら飲むことができる店。
酒もメシも旨い。こんな店なかなか無いよなー。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-08 01:56

唐突に

1年生に「新人会もう組みましたか?」って聞かれてしまった。
・・・・・・嘘はつけないです。

で、おそらくグレイプバインのベースをやることになるんですが間に合うんですかね。
あと10日切っちゃったのに、メンバーも決まってない、曲も決まってない。
まー、なんとかするしかないんですが。
徹スタもできないらしいんだよなー。


話は変わって。
バイト先で「Polarisってバンドのボーカルに似てるよねー」と言われた。
http://www.polaris-web.com/
うーん・・・・・・自分としては、アングルによっちゃ似てるかなぁぐらいにしか思えません。
ちなみに今までで似てると言われた有名人リスト。
中山エミリ、河合我門、タイガーウッズ、カーク・ハメット。
ひでーなー。確かに中学のときは部活で日焼けしまくってたから誰がどう見てもタイガーそっくりだったけどさー。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-07 01:46

設定変更

多少のアクセス数もでてきたし、独り善がりもつまらんかもしれないです。
コメントできるようにしてみたり。
当初はコメント不可を貫こうかと思ったんですけど。
ま、一時的かもしれないです。

明日から学校かー。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-06 00:52

観劇。

午後2時より、新宿にて演劇鑑賞。
先輩の友人が加入している某劇団で見るのは2度目。
前回なかなかおもしろかったので、今回のお誘いも二つ返事でOKしました。

で、結果ですが。
面白かったです。長かったけど。
2本立てで途中数箇所休憩を挟んだとはいえ、14時~22時ですからね。
前回も長かったけど、ここまでじゃなかったか。

合計で4作を今まで鑑賞したわけで、この劇団の特色がある程度見えてきた気がします。
基本的にストーリーはシリアスかつドラマチック。やたら、革命の話が多いですな。
で、そこに小ネタを多数挟みつつ、派手な殺陣やらダンスやらを織り交ぜて、エンターテイメント性たっぷりに仕上げられています。
まー、悪い言い方になるかもしれないですけど、「判りやすい」。
いや、面白いんですよ。判りやすいことは良いことです。素直に楽しいし。
ただ、そのおかげでたまーに展開がスラスラとよめてしまったりもするんですよね。

ストーリーは前途のように「泣ける」系に仕上がっているわけです。
周囲でもハンカチ片手の人いっぱいいましたし。
でも俺、ほんとに泣けないんですよね。
この劇団がってわけじゃなくて、映画にせよ、小説にせよ、何でも。
映画見に行って、ほんとに回りの人が号泣しまくってて、劇場のあっちこっちから嗚咽が聴こえてくるような状態でも、まったく泣けません。
泣けないのは泣けないのですが、感動はしているんです。
感動してはいても、泣けないんです。
俺が泣いた映画なんてほんとに片手で足りるぐらいしかないですね。
けど、そんな俺も特定のジャンルには弱くて。
ずばり「動物もの」です。
ほんとに、だめ。号泣するおそれがある。
ぶっちゃけ、どうぶつ奇想天外で号泣したことすらある。
で、劇場で大号泣するのが確実だから公開中の「盲導犬クイールの一生」もビデオ化を待つしかない状況。
絶対、家で一人で見てガン泣きすると思います。

まー、劇場でほろ泣きすんのも悪くはないかなぁ。
機会があれば、また行きます。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-05 00:40

セッション顛末

頭が痛い。
カゼひいたか、疲労か。
無理して二次会出てみたが、ジョッキのひとつも開けられず、そのまま帰宅。

結局3曲のみの出演。
全部酷かった。こんなもんだろうけど。
去年、自分が新人として出演したときは更に酷かったしなぁ。

結局、IRON MAIDENはトリ。
今回のセッションはメタル色が異常に薄かったけど、メタルやったらやったで盛り上がったし。
上級生からオファーかけて、もっとメタルやれば良かったんでしょうか。

明日は演劇鑑賞。早く寝ないと劇中で死ぬな。(自分が)
[PR]
by sargent_d | 2004-05-03 23:37

まもなく新歓セッション

どうやら、俺は完全にサークル内でべーシストとして認知されているらしい。
いまでも、ギターでライブ出る気まんまんなのに。
別に俺が上手いわけじゃなく、べーシストが慢性的不足であるからして、無理矢理な気がするなー。(確定)

確かに俺みたいに細長い体格には、エクスプローラーよりもジャズベースのほうが似合うのかもはしれない。
でも、ギター出身のベースのせいか、所謂ベースらしくないベースを弾いてしまう、もとい、弾きたくなる傾向もある。

先輩に言われたが、べーシストとしての最重要ファクターは「自分はべーシストであるという気概」であるらしい。
その点、俺は誰がなんと言おうと両刀使いであるつもりなので結構ダメかもしれない。
今も、本音では新しいベースより新しいギター(ストラト)が欲しいし。

前定はどーしよっかなー。
XJAPANはまだおいといてオジーあたりか。
メガデスもやりたいが難易度高すぎる気もするし。
[PR]
by sargent_d | 2004-05-02 00:31