<   2004年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明日はスタジオ

明日はスタジオ。
多忙につき練習がはかどらず、今日の夜中にかける。
明日はスタジオ後にスリップノットの来日公演だから眠らないといけないんだけど。

バイトから帰宅したのが11時すぎ。
必要最低限の業務(いろいろとね)をこなすともう1時を過ぎていた。
ここで、冷蔵庫からリゲイン登場。
スタジオ前になるといつもお世話になってる気がする。

実際に効いてるのかはわからないが効いたつもりになって練習する。
気合をこめてひたすら弾く、弾く、弾く・・・切れた。
ベースの5弦があっさり切れました。
無論、替えは無い。
本来あってしかるべきなんだが、高いし買えずにほっておいたツケが回ってきた。

仕方ないのでE弦を無理やりBまで下げる。ダルダルになっている。
Gまで下げる曲など練習不可能。まずいなぁ。

スタジオに電話して「すいません、ベース弦って売ってますか?5弦なんですけど?」と問いあわせるも「そんなものは無い」と一蹴される。
朝11時からのスタジオだから楽器屋に行くこともできないし。
これは神様が「練習やめて寝ろよ」とおっしゃってるのか。

練習やめたところで学校の課題があるんだが。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-31 02:41

駄目だ

あの演習クラスは駄目だ。
もうついていけません・・・・・・なんでみんなして秀才ばっかなんだ。
今日の批評プレゼン終始圧倒されっぱなし。
意見求められてしどろもどろになってしまった。
あー、再来週発表だと思うと萎える。
いい加減準備を進めないと間に合わないし、コピーもしなきゃいけないのだがあまりの辛さにナウシカ漫画版で現実逃避に陥る。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-28 22:14

10/26

先日CARCASSのビデオを新宿ユニオンで衝動買い。
Wake up and smell the Carcassのビデオ版でPV全てとライブ映像(89年と91年)が収録されている。
画質は悪いものの、Earacheからリリースされているオフィシャルでしかも日本版。
1500円なら買いだろ。

実際に動いているメンバーの姿に思わず興奮。
ケン・オーウェンが必死にバタバタしててかっこよすぎる。
同時にリベンジライブでやらなくてよかったとしみじみ思う。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-27 01:45

10/24

今日もバイト。
事務作業がメインのバイトだと思うのだが、最近肉体労働しかしていない気がする。
ダンボールの組み立てもいつの間にか素早くなってしまった。

仕事中にファイルを手渡される。
中には数枚のプリントが入っており、内容は社長の訓示。
それに対して、スタッフ全員が意見を求められる。
「仕事は明日を見て行う!」とか
「自分が変わる!!」とかそういうことで。
まったくもって、こういうことを強制することのできる神経には呆れるほかない。
書かないと社員が怒られそうなので無理やり書くが、さすがに素直には書けない。
今思うと卑屈だったかもしれないがどうでもいいか。

明日はスーツ出社。
つまり学校にもスーツ姿。めんどくさい。
いい加減、スーツ着る機会も多いし、どうせこの先も着るんだから手ごろなのをもう一式揃えてしまいたい。

社員が宗教音楽に熱中している。
宗教は否定しないし、別に誰が何を信じてくれようと全くもって構わないが、人にむやみやたらにおしつけるのはホントに勘弁していただきたい。
自分が素晴らしいと信じ切っているだけにたちが悪い。
強制することは同時に相手を拒絶することに繋がりやすい。とはいえ、その社員に気に入られて仕事を任されてしまう俺。
俺には拒絶オーラが欠落してるんだろうか。
器が広いといえばものすごくいい言い方だが、逆にそれは自分の身の程を知らない馬鹿なのかもしれないなぁと最近は思う。

寝不足が祟っている。
あと、今日はあまり飯を食わなかったからだと思う。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-25 02:33

朝起きて

寝癖を直してたら、姿見のかどに手首をぶつけた。
予想以上に血がたらたらと出てきて、身動きがとれず。
いっそ1限サボろうかとも考えたけど、目の前に絆創膏があったのでしぶしぶながら着替えにうつる。

1限。文化人類学史。
通史のはずだ。いつになったら一連の構造主義人類学は終わるんだ。
たしかにデリダは死んでもレヴィ=ストロースは生きてるけど。

11時。腹減ったので松屋に行ったら牛丼がいつの間にやら復活してて焦る。
食ってみたが、昔の味が最早思い出せない。
もしかしたらだまされてんじゃないだろうかと思いながら、それでも豚丼よりはやっぱり好きだなと無理からに納得してみる。

11時半。戸山図書館。
中国語の予習にとりかかる。
真面目にやれば2時間もかからないんだろうけど、ちょうど横の本棚にあったダリの画集に夢中になってしまう。結局ほとんどできずじまい。

4限。教室。
人格心理学の授業。あいかわらず意味がわからん。
それにしても、授業態度が悪い。
大教室のなかに3割ほどの人の入り。
私語が結構とびかっている。
出席とらない授業なんだから出なければいいのにと思う。
俺も講義はこれっぽっちも聞いていないけど、あの空気はいたたまれない。
高校のころからこういう気分は変わっていない。
かといって図太い神経が欲しいかというとそうでもない。

5限。教室。
中級中国語。あいかわらず先生は俺たちを過大評価している。
まったく聞き取れないスピードの会話を20分つづけてヒアリングするが、判った単語は10個ぐらい。
で、予習不十分なときに限って当てられる。
先生が優しくて逆に戸惑う。

19時。帰宅。
実家から送ってもらった餃子を焼く。
焼き終わってから酢をきらしていたことに気づく。
あえなくポン酢。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-20 01:38

もしも仮にだ

攻殻機動隊でいうところの「ゴースト」っぽいものが実在したとして、全ての人がその状態になり、そのうえ一つに還元(昇華?)されてしまったら、それはそれで気楽なものなのかもしれないけど、そこまで自分と他人との境界が脆弱で曖昧だったら違和感というか気持ち悪さは常につきまとうような気がするなぁ。

というような、どこかで聞いたことのあるような妄想に耽りつつ、月曜日3限。
ふと、耳に入った宗教学の教授の台詞は「最早、宗教の効用とサブカルチャーのそれとは同義になりつつありますね」だった。
久々に一刀両断された気分になりました。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-19 02:52

結局は

ライブには遅刻せずに済んだ。
というか、俺が着いた時点で人が全然いなかった。
このサークルにいると時間を守るという社会的通念の存在価値がわからなくなりそうで怖い。

なかなか面白いライブでした。
もうちょいボリュームがあっても良かったかもしれないけど。
酒はたっぷり飲めたので満足。

今日は久々に休日らしい休日。
昼に起きて、洗濯をして映画を見る。
で、腹が減ったので敢えて馬場に出て二郎に行ってみる。
ついに大デビュー。無論完食。意外と平気だった。
書店に寄って帰宅。
NGOで使用するテキストを作成して、今に至る。

そういえば昨日の打ち上げ後、リベンジライブの話になる。
当初はソウルフライを予定していたのだが、バンド数、ドラマーの問題から却下。
短い時間でインパクトあって、リベンジでしかできないようなふざけたバンドで、ドラム下手でも大して問題ないバンドということで、初期カーカスを含めたグラインドコアオムニバスに決定。
今になって激しく後悔中。
とりあえずカーカスの1stを聴いてはいるが全く音程がつかめない。
なんか、ギターもドラムもベースも全部ひっくるめて「ぐしゃあーー」って鳴ってるだけ。
よくわからん。
まぁ、いいや。そういうバンドだろうし。みんな15分間だけ我慢しててください。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-18 02:14

生活費は

一日あたり500円以内に押さえたいもんです。
今日は少しばかり収入が入ったので、前から欲しかった本を買いに。
一冊で¥3500ナリ。高い。けど、内容は期待どおりで大満足。
残り400ページほどあるが、1ページ1ページ減っていくのがもったいないような気がする。
演習クラスで読むべき書籍だとか、他に読むべき書籍だとか。
ここ数日はホントに活字に埋もれてた。

読書は好きなのですが、理解力に欠ける俺の脳みそは人一倍疲労しやすい模様。
ちょっと難しい内容になると1時間もせずにクラクラしてくる。
どうやって受験期を乗り切ったのか思い出せない。

明後日はサークルのライブ。
俺は出ないけど、どうも遅刻せざるを得ないようだ。
バイトのせいで、もともとシフトは入れていなかったのだが、どうしても引継ぎがその日しかできない。
12時までには断固職場を出るが、それでも1時間の遅刻は免れ得ないようだ。
新幹部になったばかりでなんとも情け無いし申し訳ない。
でも、これを引き継いでおかないとあとあと、後定とかデカイイベントでスケジュールがまずくなる危険性があるかもしれんので。
許してくれ、みんな。ホント、ごめん。昼には絶対に着くから。

あー、ライブに遅刻するなんて初めてだから正直寂しい部分もあったり。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-15 00:25

無題

買おうかなぁ、でも1500円もするしなぁ、と思いつつ書店を出、何の気なしに入ったブックオフで105円で手に入った書籍。
喜んでいいのか、これ。

基本的に、本っていうのは「読まれる」もんだから、読者がいないと本の本としての存在理由は存在しない。
読まれない本は可哀想だ。
そういうことを椎名誠も書いてた気がする。
本に限らないなぁと。
あー。今更、確認することでもない。

以下、人格心理学の授業より抜粋。

まず、紙に10cmちょうどの線分を描いてください。
これはあなたの気持ちのバロメータのようなものです。
線分の左端はプラス思考、右端はマイナス思考です。
あなたのいまの気持ちは線上のどのあたりにあるか、印をつけてください。

俺は左端から80mmでした。
確かに今日は元気でなかったけれども。
「この検査はかなり信頼性が高いです」などど解説いただいて一層神妙な気分になってしまう。

授業の終了間際、心理学専修の4年生が卒論のためのアンケートを配布。
卒論テーマは「気分と音楽」
「あなたが今聴きたい音楽は?」って書いてあったので迷うことなくキングクリムゾンのエピタフと回答してしまいました。

たまにはしんみりとした日記もアリですか。
救いようの無い映画を繰り返し見て、しかもそれが同時に大好きな映画になってしまったせいだと思われます。
往々にしてあり得ることか。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-13 01:39

外国からみた日本

狼の皮を被った羊(S) ~愛(libido)をとりもどせ!!~

と、ある方のブログにANTHRAXのジャケットが紹介されております。
アメリカ人はなんて記述してあるのか気になったりするのでしょうか。
頑張って調べてみた挙句、「thrash metal」だったらむかつくのでは。

ジャケットはやはり、重要なもんで、確かに音楽の中身とは関係ないですが、それはそれで作品の一部であるわけです。
さすがに、SLAYERのジャケがお花畑だったり、SMAPのジャケが死体写真だったりすることはありえないんですが、それでもたまに???となってしまうジャケに出会うことがあります。

a0004254_041966.jpg

a0004254_043675.jpg


どちらもLive in Japanです。
なんというか。
これで購買意欲を誘えると思っているのでしょうか。
特にチルボド。
ハワイとかの怪しいレストランの看板が日本語で書いてますが同じ匂いを感じます。
「パ」とかよく見ると書けてねーじゃん。
中国の海賊盤でももうちょいマシなんじゃないかと。
これがマジだとしたらレコード会社含め、彼らが心配になってきます。
けど両バンドのlive in Japanにしっかり参加してしまっている俺。

しかし、どちらのバンドも日本=アニメとか思ってんでしょうか。
「外タレ来日→電化製品欲しい→秋葉原行きたい」
の黄金パターンも理解できるような気がします。
メタルゴッド、ロブ・ハルフォードもビックカメラうろうろしてたらしいし。
ヤダなぁ、ビックカメラでポイントカード作るかどうか聞かれてるメタルゴッド。

ちなみに、高校の美術でMASTER OF PUPPETSのジャケを砂絵で描いたら学年最高点がきました。
最近はジャケ買いなんてしてないなぁ。
[PR]
by sargent_d | 2004-10-08 00:21