<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヘヴィメタルの逆襲

本とパソコンがあるので、あまりTVを見ない。
ので、たまに見ていると知らない番組が放映されていて、TV番組の移ろいの早さに驚く。
4月は番組改編の時期である。
多くの番組が発表されては消えていく。
そのプロセスにここしばらく興味を持ったことはないが、今期クールは違う。

以下のサイトを参照

新番組 「ヘビメタさん」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050302/hmt.htm
http://www.gpara.com/news/05/03/news200503027649.htm

スクウェアエニックスが手がける同名ゲームと連動した番組らしい。
+++++++++++++++++++++++++++++++

日本国民総へビメタ化を目指した深夜のヘビメタバラエティ-Show「ヘビメタさん」は、ヘヴィメタルを深く愛するファンを「ヘビメタさん」と呼び、世の中へ送り出していく視聴者参加型番組。
 ギターを持たずにヘヴィメタルの演奏をするフリをする「エアメタルバトル」、ファンの家を訪問し、ファンの素顔に迫る「鉄子の部屋」、MCにしてヘヴィメタクイーンである熊田曜子さんが選ぶギターを紹介していく「ヨーコの今日の1本!」などのコーナーで、日本におけるヘヴィメタル・
ムーブメントを発信していく。

+++++++++++++++++++++++++++++++

>ヘヴィメタルを深く愛するファンを「ヘビメタさん」と呼び
・・・・・・頼むから呼んでくれるな。

とりあえず見てみるが、きっとあまりの痛々しさに二度とは見ないだろう。
もし「鉄子の部屋」なるコーナーでジョーイ・ディマイオあたりを訪問でもしたらDVDで録画必至だが。

ヘヴィメタルムーヴメントということだが、この番組が成功したところで(万に一つもないが)、メタルが再発見され、もてはやされることもないだろう。
発表イベントのセックスマシンガンズの登場もどこか象徴的だ。
マシンガンズの功罪に関しては言うまでもない。たしかに彼らが売れたことで、メタルのサウンドは多少なりとも市民権を獲得したかもしれないが、同時にメタルにコミカルでキワモノ的なイメージを植え付けてしまった。まぁ、それはマシンガンズや人間椅子に限らず、『元気が出るテレビ』の"早朝ヘビメタ"(眠っている芸人の部屋に、まだ売れる前のXが登場し、いきなり爆音で演奏開始)や、"ヘビメタ運動会"(YOSHIKIがあのメイクのままトラックを全力疾走)、その他メディアでの「ヘビメタ」としてのヘヴィメタルの扱いもイメージの拡大再生産に寄与している。(ヘビ・メタ子なんてキャラも存在したなぁ)

これはうちのサークルに関してもそういうところがあるし、前任店長も言っていたが、メタルがネタ化している。
別におもしろおかしくやるのはいいと思うし、ネタ的な使い方もあるのだろうが、単に面白いからというだけであるのなら、やらないほうがマシなんじゃないだろうか。
もちろん、先述のマシンガンズやXを非難する気は毛頭無い。Xがその後、メタルって言われるとキレてたってのにはイマイチ納得できないが。(『紅』も『Silent Jealousy』もメタルだろ!)

なにはともあれ、結局俺はメタルが好きだ。
今もCacophonyのスピードメタルシンフォニーを聴きながら。
iTunesでアルファベット順に流しているので、次のバンドはCARCASS。
・・・・・・きっとメタルが好きだ。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-31 01:19

追いコンが続く

昨日は追いコン。

自分たちが大学に入学したときの幹部年会の人々だからか、思うところは色々ある。
去年の追いコンのときはとても寂しかったが、今年は逆説的にそこまで寂しくない。
なぜなら、二年間もの時間を共有しているだけに、卒業してしまうという実感が湧かないのだ。
なんだか、今まで通りしょっちゅう会える気がしてしまうのである。

しかし、現実には会う機会はずっと減ってしまうのだろう。
いざ新学期が始まってから、寂しさが一気に立ち現れてきそうだ。

ありがとうございました。

感謝の気持ちは大きい。
しかし、暴飲暴食の限りを尽くしたために胃腸が殲滅されたらしい。動けない。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-28 03:07

余談

今日は続けて書く。
気になるブログがあるのだ。
「つぐみ、どこにいるの?」

知人のサイト経由で知ったのだが、こういう手があったかと思った。
不謹慎極まりないが、感心してしまった。

このブログはできるだけ広範にリンクされることを主眼とし、それに見合うスピードでトラックバックが増加している。凄い。
無事に見つかってほしい。

しかし、これも最初にやったからここまで広まるんであって、二番煎じ以降はどんどん効果が薄まるだろうことが容易に想像されてしまう。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-26 05:58

都の西北で早稲田を叫ぶのは本当に陳腐だ。

今年は花粉が例年に比べて多いらしく、身辺にも初めて発症した人をよく見かける。
こんな年に発病してしまうとかなりつらいだろう。
読書なんて滅多にしない人間が何の気無しに哲学科に入ってしまうのと同程度に、初めて行ったメーヤウでなんとなくチキンカリー(激辛)食ってしまうのと同様に、それは未知との遭遇である。

幸か不幸か、俺は花粉症のベテランである。
発病したのは確か小学校4年生。つまり10歳であるわけだから、文字通り、半生を花粉症とともに過ごしたのだ。
当初はスギだけに反応していたのは、今ではブタクサやらなんやらにまで過剰反応してしまうらしく―――検査はしていないので正確には不明だが―――症状は春が終わりにさしかかるまで続く。

花粉の時期はいつも切ない時期である。
と、いうと気色悪いが、今日は早稲田の卒業式であったようだ。
先輩たちをはじめ、何人かが学校に集っていたようだが、シフトの束縛から逃れることは能わなかった。
バイト中に、ちらと駅前に出ると、ロータリーは黒山の人だかりで、その中にぽつぽつと鮮やかな袴姿の人たちが見られた。
みなニコニコとしていて、今日中に1000冊もの雑誌を地方発送しなければならない自分が不憫になる。
おまけに職場の向かいのバーではイラン戦にかこつけての大騒ぎであり、来春からさらに仕事が増えそうな自分が不憫どころか腹ただしくなる。

つまり、今夜は「わっせだ~、わっせだ~♪」と「ニッポン!ニッポン!」で街中が溢れていたのである。

ところで、俺には早稲田を叫ぶ人が理解できない。
いや、愛校精神は結構なことである。
俺も自分の学校はわりと好きだ。
だが、校歌は覚えていないし、紺碧の空に至ってはさっきから苦悶しているがメロディすら思い起こせない。
だいたい、普段学校にいて、都の西北を1番から3番まで通して歌えそうなやつなんて殆ど見かけない。一体、今日の早稲田狂いどもはどこから大量発生したんだ?

先日、卒業ライブの帰路、先輩と話していたのだが
「あの、わっせだー、わっせだーってとこは恥ずかしいぐらいダサいよね」
との結論で一致した。
校歌に格好良さは求めないが、少しばかり間抜けな感がどうも否めないのだ。

あんな恥ずかしい歌を大声で歌うぐらいだから、よほど母校を愛してやまないのだろうが、本当なのか?
どう見たってわっせだーわっせだーやってる人間は勤勉な学生像から離れているぞ。

やはり、ステイタスなのか。早稲田ブランドなのか。
大声で叫ぶと自己価値が増すのか。気色悪い。

自分はたくさんの素敵な人々との出会いを提供してくれた早稲田という場所に感謝しているから、ああいうやり方は好きになれそうもない。

朝になった。
夜明けが早くなったことに気づいてしまうような生活から脱却せねば。

わりと楽しみにしていた本が出た。
分厚い。ハードカバー上下巻でしめて¥4000。
これで、つまらなかったら目も当てられない。
めざましテレビを軽く見てから読んで、寝よう。
明日は追いコンだ。楽しみ。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-26 05:43

馬場が混む

NGOの追いコン。
高田馬場の素材屋。料理だけで3000円のコース。

ビールを飲むと眠たくなりそうだったので、「ウイスキー、ダブル、ロックで」と店員に伝える。
運ばれてきたのは大きなグラスにたっぷり注がれた水割り2杯。馬鹿野郎。

ひとまず、先輩方お疲れ様でした。
社会人として忙しい日々が続くでしょうが、ご多幸を祈っております。

『グランドフィナーレ』/阿部 和重
芥川賞受賞作。話題らしい。
中編なので一日で読了。
不可思議な作品である。ストーリーはロリコンでヤク中の最低な親父が妻に愛想をつかされたあげく、愛娘とも会えなくなってからの陰鬱な日々。ホントにどうしようもないのだけど、読んでみて良かった。が、なにが良かったのかよく判らない。もう一度読むことにする。序盤はコメディなのかと思えるほど滑稽だった。悪趣味だけど。

急遽決まった卒業ライブに向けて練習。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-22 00:15

芋は野菜じゃない

少し前に話題になった映画「スーパーサイズ・ミー」を見た。
例のマクドナルドだけで1ヶ月過ごすというやつだ。

結果を言えば面白かったが俺はハンバーガーを食い続ける。
マクドナルドはもともとそんなに好きではないが。
今日もウェンディーズでデカいハンバーガーを食ってしまった。

ただし、マックチキンナゲットにはゲンナリ。
映画見てやっと気づいたのだが、あれって切り身を揚げてるわけじゃないのだな。
映画によれば卵を産めなくなった雌鳥を丸ごと粉砕して、それを成型、フライにするらしい。
多少の誇張はあるだろうが、確かにあのナゲットは3パターンぐらいの形に統一されている。
やはり、しばらくは食えない。

あと、映画のタイトルは
「俺をスーパーサイズに」って意味であるが、スーパーサイズとはアメリカ独自のサイズである。
いわゆるLLセットのさらに上をいくもので、ドリンクは驚異の1.8リットル。馬鹿か。
ポテトも文字通り山盛りで、ハンバーガーメインなのか、ポテトメインなのか判らない。
あんなの週2回ぐらい食ってれば、そりゃあケリー・キングみたいになるわな。
a0004254_4313230.jpg

日本でもハンバーガー。野菜は芋しか食わない。
a0004254_4322774.jpg

バーガーキングがお気に入りらしい。

映画が公開されたあと、米マクドナルドはスーパーサイズを廃止したらしい。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-21 04:34

深夜鈍行

春合宿が終わり、少しの後処理はあるもののひとまず落ち着いた。
もちろん、次には卒業・新歓の時期があるわけで休んでもいられず、少しでもと金を稼ぐ。
もともと夜型の人間ではあったが、どんどんエスカレートしている。
今日は朝の9時に眠って夕方5時に目覚めた。良くない。

先日は成績発表だった。
特に心配はしていなかったのだが、通知書の「人文研究ⅠB」の横には「F」の文字。
俺の学部では「D」が「可」であり、「E」が不可、「F」は「否」である。
「G」もあるらしいが、これはそもそもテストを受けなかったり、レポートを提出しなかったりという場合の評価である。
要するに俺は「貴様のレポートはゴミクズだ」と宣告されたようなものであり、軽く目眩がした。
しかし、わりと力作のレポートだったため、納得もいかず教授にメールしてみた。
だいたい、この科目は必修であるからして落とすわけにはいかんのだ。

朝7時にメールを送信したら余程必死に思えたのだろうか、夕方起きたときにはメールが届いており、「こちらのミスの可能性が濃厚です。ごめんなさい」と返ってきた。
よかったよかった。しかし、科目登録までに返事くれないとマズイのだが。

今日はなにも用事が無いので読書に専念。
2冊読み切った。
『地獄のババ抜き』/上甲 宣之
『オーパ!オーパ!(アラスカ篇)/開高健

『地獄のババ抜き』はかなり面白かった。ところどころ「いくらなんでも・・・・・・」という強引さを感じたものの、一気に読めてしまうので気にしなくて済んだ。最近、国産ミステリは乱歩ぐらいしか読んでいなかったが、猛省。やっぱり面白い。

『オーパ!』に関しては言うまでもない。というか再読。
中学生のときに読んでから何度も読み返した。いつ読んでも挑発的な作品で、部屋のなかでウジウジしてるのが悲しくなってくる。釣りに行かねば。誰か芦ノ湖のニジマス事情に明るいひとはいないものか。

それにしても、東京には釣具屋が少ない。
釣り場が少ないことも要因であろうが、大阪は釣具屋だらけだった。
中学・高校と俺が金を使う場所はレコード屋と楽器屋、釣具屋だけだったのだが。

釣りの話だが。
わりと色々やった経験がある。
淀川の鯉釣りからスタートし、ヘラブナ、磯、波戸、船、投げ、マス、バス。
手を出していないのは渓流ぐらいだろうか。
腕のほうはあまり良くないが、鯉ならかなりの大物を上げたこともある。
メジャーを持っていなかったので正確な採寸ではないが60~70㎝だろうか。
まぁ、鯉釣りの世界では大したサイズではない。
なんせ日本記録は115㎝である。
雷魚もそれに近いサイズを釣ったことがある。
バスを狙っているときにかかったので、ロッドが折れるかと思った。
メインターゲットのバスに関しては45㎝どまりである。いつまでたっても50㎝に届かない。

それにしてもバスはいま大変なことで。
駆除派、保護派、お互いに言い分は判るがもう少し冷静になれんものだろうか。
議論というのはお互いの妥協点を見いだすことが主眼なのだから、今の状況ではとてもではないが議論足りえない。
末端にいる釣り人とアンチは尚更である。

俺はバスという魚に固執はしないがルアーの対象がマスと一部の海水魚では物足りない。
サケも釣れるが東京じゃ不可能だ。
やったことのない人には説明できないが、ルアーによる釣りというものは他の手法に比して圧倒的に狩猟性を孕んでいる。
それを好まない向きもあるだろうが、俺は好きだ。

だからもう一度言うが、芦ノ湖を案内してくれる人はいないのか。
一人で箱根までバスに揺られるのは少し寂しい。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-20 04:31

決戦前夜

いよいよ、合宿。

帰宅は13日夜。
しかし、確実に呑むため、正確には14日の朝。

どうなるやら。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-09 02:27

カレー抄

バイト後、Sとカレーを食った。
以前にも書いた、高田馬場のインド・パキスタン料理店ラージプートである。
この店は辛さの段階を自分で選べるのだが
ベリースイート→スイート→ミディアム→ホット→ベリーホット→ベリーベリーホットときて、最終段階がなぜか、ムスリムホットなる名称である。

前回の来店時はランチタイムで、これはこれで4種のカレー食べ放題で¥900という素晴らしい昼食だったのだが、一番辛いホウレン草カレーすらベリーホット止まりであった。これは、確かに美味いのだが、俺を悶絶させるほどの辛さは無かった。
というわけで、本日はキーママタール(羊の挽肉)のムスリムホットである。

かなり美味かった。
俺はキーママタールが好きで色んな店のを食ったが、この店のは肉も多く、水分が少ないので半固形状である。スパイスもガツンと効いているので半分ぐらい食べると、汗が出だした。
セットのナンも美味い。焼きたてで甘いのでカレーとよく合う。しかもデカい。当初、二人分を一枚で焼いたのかと思ったのだが、厨房を覗くと体格のいい兄ちゃんがパンパンと次の一枚を捏ねていた。
俺もSも馬場で食事するときは、二郎やべんてんに行ってしまうタイプなので、大抵の人は十分すぎるぐらいに満腹するのではないだろうか。
馬場のインド料理だと、マラバール(旧かるび先生の下)も美味いけど、ラージプートのほうがやや個性的。延々流れ続けるインド音楽が気にならないなら良い雰囲気だと思う。

ところで、カレー好きを公言するなら読んでおきたい本がある。
『カレーライスと日本人』・森枝 卓士(講談社現代新書)
1989年に刊行されてから19回もの増刷が重ねられたなかなか由緒正しき書物だ。
作者は日本カレー界の重鎮であり、現在もヤングジャンプ誌上に連載されているカレー漫画『華麗なる食卓』のアドバイザーを務めている。

この本のなかでもっとも印象深いのは「インドの現地人に日本式カレーを食わせたらどう評価するか?」というくだりである。
ここでいう日本式カレーとは「印度カレー」と銘打たれたインスタントルーを使ったカレーである。ただし、肉は都合上、羊を使用。

で、結果だが。
インド人曰く
「スパイスが足りないけど、かなり美味いカレーだね!」
とのこと。
キャッチコピー通り、「インド人もびっくり」してしまったらしい。
まぁ、俺たち日本人もアボガド巻きを食って喜んでいるのだから、あり得る話だ。

話は戻るが、ムスリムホットは俺の辛さ臨界点に到達しなかった。
本格インド料理店で最強の辛さであるからして、きっと現地人が食べてもそこそこ辛いと思われる。
ならば、俺がよく行くカレー屋のチキンカレーはインド人が食べても悶絶するぐらい辛いはずだ。

これから新歓期を迎えるにあたって、あのカレー屋は噂を聞きつけた新入生と、悪巧みが顔ににじみ出た先輩で混み合うことになる。まぁ、うちの学生(特に文学部生)にとっては近所の弁当屋の唐揚げと並んで通過儀礼であるか。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-07 02:07

二月は良くない

いつのまにか三月だ。
椎名誠は二月のことを

一月に新しい年が始まった。ようし、今年はやるぞ、と思っているうちにもう二月になっている。存在感が薄いくせに来るのが早すぎる。

と、書いている。的確だ。

二月は理不尽だ。
他の月よりも三日少ないくせに、同じだけ家賃やプロバイダ料金を取られる。
一割引くべきである。

ともかく、二月が短いのも手伝って、身辺がドタバタとした。
大阪の実家に帰ったら、もっとドタバタとしていて、結局家族で飯を食う時間も無かった。

今回は新幹線で帰阪した。
下りはのぞみ、上りはひかりだったのだが、ひかりの方が良かった。
三月一日からダイヤ改正でのぞみが増発されるらしいが、如何せんのぞみは速すぎる。
駅で買った弁当を紐解き、茶を飲んで、文庫を開くと一冊読了できないままに到着してしまう。
結局残り50ページぐらいが気になってしまい、ラッシュ時の大阪環状線の中、必死で読んだが集中できず、雰囲気に浸れないままに読み終えてしまった。勿体ない。
比べて、ひかりは空いているからシートが倒し放題だし、喫煙車両が多いし、到着に要する時間もちょうどいい塩梅である。
近くの席に人が見あたらないから、中島らもの「お父さんのバックドロップ」という小説を読んで軽く感涙してしまった。
のぞみではこうもいくまい。

しかも、のぞみでは二つ横シートのの女性がまことに胸くそ悪かった。
喫煙車両だったので、煙草を取り出し、火をつけようとしたら露骨に嫌な顔をされてしまった。
無論、これが混雑時で禁煙車両が混み合っているのなら理解できるし、むしろ俺も喫煙車両であろうが吸わない。
しかし、禁煙車両も喫煙車両と同じぐらい空いている。いくらでも座れる。
なのに、あえて喫煙車両に座って喫煙者に軽蔑の視線を浴びせるとはいかなる所行か、唾棄すべき人格である。
今週発売された雑誌BRUTUSに養老孟司氏が非常に良い文章を書かれているので、嫌煙家、愛煙家ともに読むべきだと思う。
自分が喫煙を初めてから感じたいろいろなモヤモヤをスッキリとさせてくれた。

ちなみに、同誌ではコーヒー特集が組まれ、テイクアウトコーヒーはどこの店が美味いのかをリサーチしているが、俺の好きなNY's CAFEの¥240コーヒーが高評価で嬉しい。
近頃、栄通の店の二階でよく読書している。
[PR]
by sargent_d | 2005-03-03 03:02