<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

批判じゃないよ

ビル・ゲイツもびびる暑さだ。酷い。
今では古びれてとんと使われなくなった言葉であるエルニーニョとは元来スペイン語で神の子を指す言葉だったが、ここしばらくは傍若無人も甚だしいようで。
むしろ、毎年のように暑かったり冷たかったりなのだから、最早異常とも言えないのかもしれない。去年の夏が冷夏だったか盛夏だったか、きっちりと覚えている人なんてどれだけいるんだろう。

そういうわけでゲイツが我らが早大を訪れたことは、みんながちょこちょこ書いているところではあるが、本人の顔は人生への余裕が溢れていた。
なんだか、もう達観したようにも尊大にも見えてしまう。そりゃあ、あれだけの金を抱え込んで世の中を引っかき回していれば当然なのかもしれない。
ナオ曰く「一日に3億浪費できるらしいよ」とのことだが、そこまでいったら最終解脱できそうな気がする。

それだけの金があったら何をするかという話題は当然出るわけであって。
定例会は東京ドームだの、自費でビーストフィースト開催だの、スタジオゲートウェイ買収だの、まんぷくの店員を全員日本語教室に通わせるだの。思い切った発想はできない。

俺ならどうするか?って考えたとき、とりあえず渋谷のサンスイ釣具店行って道具固めてアラスカでガイド雇ってキングサーモンでも釣りてぇなってぐらい。大差ない。
結局釣りなんて行けてないし。今日もお気に入りのロッドを袋から出して磨いて終了。
この竿で最後に釣ったのはもう3年以上前か。これ一本あれば少なくとも人生の楽しみの幾分かは保証されるだろうので、ギターよりベースより愛着が湧いてしまう。俺、道具から入るタイプだからなぁ。ギター下手なわりに機材詳しいねってのは良く言われる話。


で、ゲイツに戻るが。
なんでゲイツに名誉博士号贈呈なんだろうか。
いまさらそんなものもらったって彼に役得があるとは思えないし、大学側の自己満足だろう結局。
だいたいからして、人類の発展に貢献した人物として贈呈されているわけだが、人類の発展だなんて。ウインドウズのおかげで人類が発展したのか?発展だの退行だの成熟・未熟だのなんの価値基準に基づいているのやら。確かに俺はウインドウズというイデオロギーと呼んでも差し支えないようなシステムに依存し、同時に末端に組み込まれてはいるがそれは果たして発展かというと、そうでもないとしか思えない。便利だとか合理的だとかいう言葉は短絡的に使用されていい言葉じゃないだろう。
無論、ゲイツは開発者としても経営者としてもかなりの才覚があるってのは明らかだが、だからって人類に貢献したかどうかなんて判らない。人類って言葉はホントは全人類を指してないだろ?

なんか、イマイチ。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-29 00:13

前夜祭?本祭?

ネバー大さん率いるバンド、THE ROMANCE JOEの初ライブに行ってきた。

錦糸町から先へ東進したのは初めてだったのだが、申し訳ない、正直遠い。
遠隔地から毎日通学している人々は凄すぎる。一体、どうやったら一限なんて出席できるんだ?

ライブハウスがなかなか見つからず、一同苦悶したもののオープニングには何とか間に合った。
以前のバンドのときには見られなかった、インスト曲でライブがスタートした。
このインストはマジで格好良い。必見。
この先もライブはバンバンあるだろうし、みんな見た方が良いと思うので多くは書かないけれど、見て損はない。かなり良い。楽しかったです。メンバーのみなさん、ありがとう。

明日は納会。うへー。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-25 02:50

自炊の悲劇

家に帰って自炊。
米を研いで、ベッドに寝っ転がって読書。
舞城王太郎「みんな元気。」、ぶっとんだ本だ。ホントは舞城、気でもちがってるんじゃないのか。

ピー、と炊飯器が鳴ったので茶碗としゃもじを持って蓋を開け、米をよそう。
湯気が出ていて、非常にうまそうなのだが

俺の髪の毛も一緒に炊きあがっていた。

・・・・・・絶望&落胆。
いや、髪ぐらい誰だって抜けていくもんだ。
きっと、研いでるときに落ちたんだろう。
問題は次に再生するかどうかであって。

まぁ。
望みは髪と同様に薄い。

可哀想になぁ。普段から蒸れてるのに。
炊飯器の中で蒸し返されるだなんて。

先日、たんこぶを後頭部に作ってしまった。
胴上げされたら、誰も受け止めてくれなかったんだ。
その後、見事に腫れ上がり、それを見た後輩が

「薄いなかに赤いのが見えます」

と、のたまった。後輩が!幹部に!
まぁ、うちのサークル的かつ俺的には不思議でないが。

合宿はかなり危惧される。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-23 22:06

ミュージックバトン

回ってきた。mixiのSWS面子はもう殆ど回ってるな。
書いてみます。

Q:今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
A:少ない。3GBぐらいかな。



Q:最後に買ったCD
A:WEEZER「MAKE BELIEVE」



Q:今聴いている曲
A:PANTERA「Suicide Note Pt.2」


Q:よく聴く、または特別な思い入れのある5曲


1、Jamiroquai「Canned Heat」
これで洋楽に入った。今でもよく聴いている。


2、GN’R「Sweet Child O' Mine」
MTVでPVを見てハードロック開眼。
すでにテレキャスを所有していたが、レスポールにしなかったことを激しく後悔。


3、S.O.D.「Sargent D&The S.O.D.」
もう何回サークルでやったか。俺の勝手に付き合わせてコピーさせたみんなごめん。


4、筋肉少女帯「サボテンとバントライン」
変な曲だけど名曲。何で好きなのかよくわからない。


5、Derek&The Dominos「Layla」
クラプトンもいいけど、終盤のデュアン・オールマンのスライドギターが神。

  
Q:バトンを渡す相手5人の名前
もう、みんな渡ってるでしょ。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-22 23:46

一段落

お疲れ様でしたー。
SlipKnotも盛況でありがたいことだ。
二階から登場するときは前列に人が少なかったらどうしようと思っていたけれど、予想を遙かに超えて人が(特に1年)びっしりすし詰めでびびった。
思わず階段から足を踏み外しそうになったのをステップでごまかしたのはご愛敬。
とにかく、盛り上がってくれた皆さんありがとうございました。幹部的にも最高です。
ステージから見る''Jump Da Fuck Up!!''はこっちが感動したよ。

次は合宿、夏ライブか。
合宿は渉外の仕事に追われてどれだけバンド組めるかわからないけれど、ちょっとぐらいは誘ってみてください。
夏ライブはKOЯNを予定。確定ではないけれど。引き続き5弦かつ中域ゼロだな。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-21 23:01

近況

なんでだろうか夜中SlipKnotの練習をしていたんだが、突然mixiを更新してみようかという気になった。
登録自体はかなり前からしていたのだが、ずっと放置しっぱなし。
で、いろいろいじってみた。
どうなんだろうか、暇つぶしには確かになるが・・・・・・今、単に忙しいから現実逃避にすぎないんじゃないかも、と。
忙しいとはいっても、別になにをするってわけでもなくずっと家に居る。
そんなんだから金も無いわけだが。金は稼ぐもんだよな、知ってる。

しばらく前にペル○ナプレスに掲載されていた、「高校生の小論文添削」。
安いけど、あれやっとけばよかったかなと思う。
在宅で出来るというメリットは果てしなくでかい。特に今の俺にとっては。
論文は人科の入試のためにそれなりに特訓したし。

mixiに戻るが、意外な知り合いが結構見つかる。
高校のころの友人も高校のコミュニティで見つけた。
パソコンオタクだったやつがいつのまにかバイクオタクに変貌していたみたいな。
お前がかよって感じなのだが、ついつい懐かしくてメッセージを送ってみた。



いつの間にやら前定だなー。
さっきもスタジオからの帰途、ライチと話してたんだが、ドタバタジタバタしてるうちに早いなーと。
前定が終われば怒濤の発表&レポートラッシュだな。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-18 00:29

罪と罰ゲーム

調子が出ない。
それというのも原因不明で、単なる寝不足か、不摂生か、この蒸し暑さか、っつーか、複合要因だろうがと、今ひとつなにごとにも乗り切れない。

昨夜、総会後の飲み会(結局オールだ)でYangにブログ放置を指摘されたので久々に書いてはみるが、やはり、こんなのは思いついたときにでれでれだらだらと書いていくのがいいんだろうし、書くこともない。いや、ネタなら多分あるはずなのだが、脳みそがここんところ、腐りきっているので思い起こせど微塵として文字媒体で現出してこない。

ああ、そうだ。
昨日の飲み会の3次会がマルハチで、ロシアンマグロ久々にやったっけ。
2回やって2回ともワサビひいた。確率8分の7なら当然の帰結。
つーか。何だ。
その前の日もメーヤウでチキン食ったんだが。
辛い食い物の存在意義って、何だ。

いや、食欲増進だのなんだのという意義は確かに存在する。
しかし、我慢を強いられるような辛み。
俺自身もそういうのになぜかわからんが理不尽な欲求を持っているけれど、辛みに弱い人物からしてみれば、欲求は消え去り、後に残るは理不尽のみだ。
いつもいつも、自分なりに反省していることではあるが、辛みに強いことを自慢してはならない。
なぜかわからんが、世の趨勢は辛さに強いやつと根性あるやつが等価関係で結束されていないか?
絶対そんなはずないだろ、だって俺自身辛さに強いヘタレだし。

一木は、昨夜酔った挙げ句、口のなかに唐辛子をまるまる3本、1女に投入され、咀嚼しながら大量のよだれをまき散らしやがった。劇場版バイオハザードでミラ・ジョヴォビッチと対峙したゾンビ犬ばりに目も当てられない状況。ワサビ食ってさらに状況悪化しとるし。
まぁ、おもろいのは一木の無理した姿が結構、無条件に近い形で笑えるという点。得だよなぁ。

要するに(って、全然脈絡がなっちゃないが)言いたいのは、良い無理と悪い無理があるということだ。
例えばメーヤウなら、1年連れてチキン食わせるのは、そいつのキャラを良く考えたうえでないと、悪い無理をさせる可能性がある。
例えばまんぷく亭なら、そいつのキャラを考えたうえでないと「金が出た!」だなんて挑発してはならない。ま、あれは好例だが。
インモラルな例では、某先輩の脱衣芸だろう。絶妙なタイミングとシチュエーションで脱ぐ。
あれは、職人技だ。一種の無理ともとれる、行為ではあるが、良い無理だろう。

なんか、いける気がしてきたので、外の自販機にコーラ買いに行く。
明日はZガンダムと徹スタだ。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-11 23:56

帰宅しました。

帰京。
疲れた。ドタバタしててほとんど眠っていなかったから、身体的に疲れたのも大きいけれど、精神的な疲れはその比じゃない。

とりあえず、思ったのは、家族は大事にしとこうということ。
ほんと、孝行はあとからじゃできんよ。
亡くなったのは叔父だが、いろいろとあって、半分親父みたいなもんだった。
時計も冗談半分で「形見やから」なんて言ってたけど、リアルに形見になっちゃったなぁ。

自分で言うのもなんだが、叔父の死を眼前にして、かなり冷静でいられたと思う。
もちろん、悲しいわけだが、感情にふりまわされることはなかった。
喪主みたいなもんだし、オロオロしていたら、成仏もしてくれんことだろう。
ま、それが良いのか悪いのかはまだ判らない。

思うことはかなりあるけれど、ブログで書くことでもないし、とりあえず気持ちの整理を待とうと思う。

救われたのは、今日久々に学校に行って、周囲の人間が変に気をつかってくれなかったこと。
実際、そうしてくれるのが、こっちとしてもやりやすい。

叔父は形式張ったことが嫌いで、家族と友人による宴会という形を以て、葬送とした。
ので、葬式はしていない。
遺影の前でアホみたく酒を飲んで騒いだ。良い友人に恵まれたな、と思う。
俺もああいう形がいい。

もう、4時。
明日は夜9時からスリップノットのスタジオ。
練習期間を六日間も喪失してしまったので、今から練習再開。
一限の哲学演習なんて知らない。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-07 04:10

急用

いまから大阪に帰ります。
東京に戻るのは来週半ばかもしれません。
こんな時期に申し訳ない。
[PR]
by sargent_d | 2005-06-02 16:10