<   2005年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

幼少期のトラウマ

今日のTVチャンピオンはアキバ王選手権なわけだ。

とりあえず、見てみるがどうなることやら。
オタクのイメージ拡大再生産が予期されてしまうので、複雑な心境。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-15 11:38

春樹と大盛りとチルドレン

デイリーポータルの記事が面白い。
「学生街の飯屋で『できるだけ大盛りにして下さい』って言ってみる」

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-14 02:41

金魚注意報

所用で学校へ出向いたので、帰りがけにハーレーに寄ってみた。

さよさんが左手を怪我してた。
バイクに乗っていたらカマほられたらしい。
大した怪我ではないみたい。
保険にも入っていたみたいなので大丈夫っぽい。

みねさんも怪我してた。
左手の甲。
ヒビかな?包帯が痛々しい。
どうしたんすか?と尋ねても
「ピンヒールで踏まれた」
としか答えてくれない。
いや、可能性は否定できないが。

ひたすら金魚の話をしながら、ジャックを3杯だけ。

追記

am3:00

zzzzz....zzzzz........

ピンポーン

zzz...zz..zzz.....

ピンポーン

z...zz...z.z...

ピンポーン

ガチャ、・・・・・・はい

開けろ

・・・・・・はぁ

というわけで、飲んできた。

何か。
最近、我が家を強襲することが流行っているのか。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-13 21:52

アメリカとラノベ市場とフルバ

何度も何度もmaguさんとsuzukiさんに読め! と促されていた折に、帰郷したらなぜか弟が全巻持っていた『フルーツバスケット』(最新刊が16日発売なのか)だが、アメリカで売れているらしい。

情報元

トレーディングカードがアメリカで発売されるのかよ。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-13 11:31

ヌルヲタとしての感覚

F2スマイルというフジテレビの番組を食事しながら見ていたら、コスプレ特集だった。

コスプレ撮影会に潜入!とかいう企画だったが、なんだか、レイヤーもカメ子もフジテレビサイドが予め用意しておいたとしか思えない香ばしさだった。
そういうほうが番組的にオイシイのは判るけれど、これを判断材料にされるとなぁ。

俺はコスプレしないし、したいとも思わないし、撮影したいとも思わない。
けれど、そういうカルチャーがあることは不思議でないし、求められているものも多少は判っているつもりだ。
「電車男」以降、変なかたちでオタクにスポットが当たり続けていて、俺みたいな所謂「ヌルヲタ」(中途半端なオタク)にまでも好機の視線が突き刺さることも珍しくはない。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-12 17:12

Nice Fuckin' LifeではないほうのNFL

情報元メタル三面記事さん

オジーがNFLの開幕イベントでCRAZY TRAINを演奏した。
ここで動画がDLできる。
クソ重いファイルだけど。

一時間ぐらいかかってDLしたが、アメリカはやることがハンパない。
どれだけの金がかかってんだろうか。
この動画は見る価値あるぞ。
常軌を逸している。

で、話題は派手さもさることながら、オジーが口パクだってこと。
動画見るかぎり、完全に口パクだな、これは。
ヴォーカルだけでなくて、演奏そのものも含めてレコーディング音源だろう。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-12 12:44

日本発オリエンタリズム

いよいよ選挙か。
実は俺にとっては初選挙だ。
先の都議会選は寝坊した。
起きたら夜8時、という醜態で自ら国政にぐだぐだぬかす資格を放棄したわけだ。
最初の選挙がこんなお祭りさわぎというのは、良いやら悪いやら。
明日も午前中は選挙カーが走り回るんだろう。
必死にならざるをえないか。

必死なのは候補者だけでなく、落語界もそうなのかもしれない。
産経新聞 9/08

【落語アニメ】若い世代のハートをつかめ 来年テレビ放映

落語芸術協会(桂歌丸会長)は、今年で協会創立75周年を迎えるのを記念し、アニメ「落語天女おゆい」を制作する。今月中にも放送局を決定、来年一月から週1回(全12回)、テレビ放映したい意向で、アニメと落語という取り合わせが注目されそうだ。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-11 04:29

ビールしか飲んじゃダメらしい

ネタ元海外ボツ!NEWSさん

ドイツの祭りといえばオクトーバーフェスである。
メタラーとしてはWacken Open Airも熱いけれど。

オクトーバーフェスは言わずと知れたビール祭り。
2週間の開催期間中に6000000リットルものビールが消費されるという、ちょっとドイツ人を好きになりそうな祭りだ。

そのオクトーバーフェスで今年から、アルコール類がビールに限定されたらしい。
アルコポップスなる炭酸アルコール飲料を飲む人が結構いたらしいんだが、それで酔いすぎた女性が上裸になるという事態が多発したらしい。
ベルリンのラブパレードでは当たり前の光景なんだろうけど、オクトーバーフェスはさすがに伝統もあるので見逃すわけにはいかんかったのだろう。

酔ったドイツ人というのはどうなんだろう。
日本人みたいな酔いかたをするのだろうか。
酒は、ほぼ万国共通の風習とはいえ、酔いかたにも国民性というか土地柄が現れそうな気がする。

ちなみに、ドイツには
「酔って狂乱、醒(さ)めて後悔」
という諺があるようなので、このへんは同じなんだろう、やっぱり。

ちなみに、酒にまつわる言葉で俺が好きなのは、ロバート・キャパの言った
「神はこの世を六日間で創り給うた。そして、第七日目には、二日酔いを与え給うた」
って、やつだなぁ。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-10 15:55

ベネチアの失言

宮崎駿についてベネチア映画祭委員長が言ってはいけない一言を言ってしまった。

「宮崎駿は日本のディズニーだ」

あーあ。
これ、宮崎監督の耳に入ったんだろうか。
激昂しなければ良いが。
それとも、監督も聞き流すだけの余裕を持てるようになったんだろうか。

宮崎駿は根っからのアンチ・ディズニーだ。

宮崎駿が学習院大学卒業後、アニメーターになった理由は
「米帝の手先であるディズニーに対抗する」
なんだから。

もともと、宮崎駿という男は徹底した反資本主義思想家である。
東映で高畑勲に感化された宮崎監督は、アメリカ肯定的戦意高揚的な映画を量産するディズニーを更に目の敵にしてしまう。

宮崎映画を見ていてもメッセージは汲み取れるだろう。
物質至上主義へのアンチテーゼが『風の谷のナウシカ』や『もののけ姫』に如実に織り込まれている。

そういえば、その昔、友人に「俺、ディズニー好きじゃない」と言ってみたら、人間性を疑うとまで言われてしまったことがある。
俺の場合は『ライオンキング』のパクリ問題に対して、よく恥も外聞もなくあんなことができるな、という思いがあったのだが、日本人もアメリカ人に負けず劣らずディズニーが好きだよなぁ。

日本テレビのインタビューに監督が答えていたが
「名誉金獅子賞を受賞していかがですか?」という質問に
本音で言うと、と前置きしてから
「年寄り扱いされているって思いましたねぇ」
と、苦笑いしていた。

やっぱり、この監督はまだまだディズニー嫌いだろうな、と思う。
[PR]
by sargent_d | 2005-09-10 07:21

最強の候補者

先日の記事で唯一神、又吉イエス光雄に触れたが、どうやら今回の衆議院選、セカンドインパクトが勃発したようだ。

既にネット上では大きな話題になりつつある。
東京22区(多摩・三鷹周辺)に立候補した若干25歳
山下万葉(やました ばんば)氏

彼の凄いところは、その年齢だけではない。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-09-09 07:15