<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コマンドサンボ

馬場にTSUTAYAができたことは先日書いた。
今日は学校後にI木と行ってみた。
I木は無論、格闘技コーナーへ直行。
そこそこの品揃えがある。

K-1やPRIDEなどはもちろん、各プロレス団体、空手、アルティメットなどなど。
そしてマイナー格闘技系もちらほら。
ジークンドー、長刀、天然理心流まで。
そしてなぜか、コマンドサンボまで。
コマンドサンボとは、旧ソ連軍がとりいれた格闘術。
戦場で相手をしとめることに特化した究極的にリアルファイトな流儀と言われている。
(俺は無論、格闘技の覚えなんて無いが)
なんとなく、手にとってジャケットを眺めてみる・・・・・・。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-10-28 03:16

孤児院の記憶

ふと、昔のことを思い出した。
俺がまだ幼稚園児のころだった。

何度か書いたが、俺の生まれ育った場所は奇妙な場所だ。
各地から、さまざまな理由で、さまざまな人が集まる町だった。
それは大人に限らない。
実家のちかくに、孤児院がいまもある。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-10-26 04:21

三本立て

昨日は映画を二本も見て、本を一冊読んだ。
もはや、なにがなんやらである。
本日の日記はただの感想なので、興味ない人は読み飛ばし推奨。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-10-24 03:18

本日TSUTAYA高田馬場店、OPEN

昨夜11時半。
不吉な電話がかかってきた。
リクナビを開いていたブラウザを閉じ、着替えて馬場に向かう。

ハーレーに向かう途中、明日オープンを控えたTSUTAYAは新規会員募集のテントをまだ開いていた。
もう10月も下旬だ。いくらその日が晴れていたとはいえ、夜は冷え込む。
スタッフの人々はTSUTAYAジャンパーに身を包み、焦燥しきった目をしながらも、懸命にキャンペーンを続けていた。
店長と思しき人は、それでもスーツの上にはなにも羽織らず、ピシと直立し、通りをゆく人々を見据えている。

と、思いきや驚いた。
顔見知りだ。

「あれ? 佐藤店長?」
「え!? 浜崎君??」

馬場で1年半ぶりの邂逅である。
俺が大学1年のころからしばらくバイトしていた、恵比寿ガーデンプレイス店の店長が今度は馬場に異動になったらしい。

TSUTAYAという企業は、ほとんどの店をフランチャイズ展開している。
本社直営の店舗というのは、全国でも50に満たないのかもしれない。
その他は個人や資生堂なんかの出資による店舗である。
直営店舗において、社員の異動は茶飯事だ。
優秀な社員ならば尚更で、業績不振の店舗や新規店舗に送り込まれる。

佐藤店長は恵比寿GP店を重度の業績不振からわずか1年で立て直した敏腕店長だった。
本社が馬場の新店舗によほど期待しているように思えてならない。

寒空の下、店長は以前よりも風格がにじみ出ていたが、さすがによく見ると疲れた顔をしていた。
お疲れさまです、と声をかけると「死ぬかと思いました」と小声で笑ってくれた。
逆に「こんな時間にどうしたの?」と聞かれて、いや、すぐそこのバーで飲むんです、だなんて死んでも答えられるわけなく、適当に茶を濁してしまった。

皆さん、TSUTAYA高田馬場店をよろしく。

ハーレーに着くと、一木はすでに酔った目だった。
[PR]
by sargent_d | 2005-10-21 17:47

APO

雨が止まない。
基本的に手になにかを持って、外を歩くのは好きじゃない。
極力カバンも持ち歩きたくない。
ケータイと財布と煙草とライターだけで出歩くのが好きだ。
よって、傘も嫌いだ。
ギターやベースを持ち歩くのも大嫌いだ。

そんなだから、突然降りかかってくる雨には弱い。
仕方なくコンビニやキオスクで購入したビニール傘が玄関に5、6本積み上がっている。

で、あの「APO」って何? と常々思っていたので調べてみた。

てっきりビニール傘のメーカーなのかと思っていたが、実はビニールの材質らしい。

APO=Amorphous Polyolefin(非晶質ポリオレフィン)
なんだそうだ。ついつい「アポ」と呼んでしまうが、略称なのだ。

しかし、どうして俺はこんなにどうでもいいことばっかり気にかけて生活してんだろう。

余談。
渋谷TSUTAYA前にて、JACKASSクルーが撮影していたという噂。
あくまで噂だ。
だが、JACKASS THE MOVIEで渋谷ロケが敢行されていたことを思うと、第二弾の制作か? と勘ぐらずには居られない。期待して待とう。
[PR]
by sargent_d | 2005-10-19 02:31

ブルーマンデー

更新をサボってはいたが、生活をサボっていたわけではない。

今日は初めてエントリーシートというものを書いてみた。
日テレ。
グァンイェさん、抜け駆けです。すんません。

ESは二つのステップに分かれていて、前半は学校生活などの記述。
お決まりの「あなたが学生生活で一番、頑張ったことは?」みたいな質問。

後半は日テレのキャッチコピーを3つ考えて、解説せよってのと、6つの単語のうち3つを使って文章を書きなさいというもの。
200字以上400字以下という分量なので、わりと楽に書けた。
もちろん、問いの真意を汲み取るまでには時間がかかったけれど、おそらくはメディアの影響力と責任について書いてほしいのかなぁ? というふうに判断しておいた。
6つのキーワードが「幸せ」やら「戦後60年」やら「再編」やら「こころ」なんかだったので。
ちょっと批判的な文章になってしまったけれど、しょうがないか。
嘘つくのは良くない気がするし。

昨夜はNS。
新人会には行けたけれど、飲みには行けなかった。
ごめんなさい。ライブの時点でかなり酔ってたので。
たぶんサモハンの首しめてたと思う。ごめんな。

現場は吉川駅と、ひどく遠かったけれどエスカ1台剥離のみ。加えてバイト6人。
ありえない状況で、たった2時間弱で作業終了。
やっとスーツの資金ができたので、明日にでも買いに行こうかな。
(発熱を招いたほどの節制のおかげか、意外とお金が貯まったので、思わず"Fate/hollow ataraxia"をアマゾンで予約してしまった俺は絶望的に最低)

あと、こっちを更新しなかったのは、別のブログを書いていたから。
なんだか、知っている人ばかりが読んでいる、この環境に行き詰まりを感じたので。
ちゃんと、首尾一貫した目的のブログを立ち上げた。
いまはそっちを書くのが楽しいので、どうにもこっちに気が向かない。

明日は一限かー。
[PR]
by sargent_d | 2005-10-17 23:08

発熱後

昨日からしゃっくりが止まらない。
断続的にではあるが、煙草を吸うと大抵再発する。

我が家では、グラスの反対側から水を飲むのがポピュラーな止め方だった。
が、やはり民間療法というのは面白くて世の中にはさまざまな方法があるらしい。
簡単に調べてみたので列記してみよう。

・しゃっくりをしている人を質問攻めにする。
矢継ぎ早に質問を浴びせかけ、息継ぎするのがせいぜいという状況にする。
気付いたらしゃっくりが止まっているというわけ。

・グラスの水を、男は9回、女は7回に分けて飲み干す。
理由は不明。

・ごはんを丸呑みする。
これはどこかで聞いたこともあるような気がするが、喉に刺さった小骨を取る方法だったとしか思えない。

・スプーン一杯分の砂糖を食べる。
そのまま飲み込む、舌の上で溶かして飲む、グラニュー糖がいちばんいいなどの諸説あり。
どれにしたって意味不明。

・柿のへたを煎じて飲む
これもたまに聞くほうほうだけれど、10個もへたを集めないといけないらしい。
集めてるあいだに止まるっつの。

・ナスの色は何色? と聞く
というか、突拍子もない質問をぶつけるんだと。

・舌を引っ張ってもらう
ガーゼなどを使って、舌を30秒間引っ張ってもらう。
医者がオススメしているので、本当に効果が期待できるのかも。
ただし、引っ張ってくれる人はいない。自分でやっても一緒なのかな?


で、ここまで書いていたら、俺のしゃっくりもいつの間にやら止まっていた。
[PR]
by sargent_d | 2005-10-09 21:18

korn新作発売

KOЯN新譜、日本先行発売 11/16 !!!

心底ホッとした。
ヘッドが脱退して、このまま新譜出ないんじゃないかと思っていたから。
新曲"twisted transistor"がkorn.comで聴ける。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-10-05 23:50

求む、PILOT V-CORN

後期早々にして卒業論文計画書なるものを書かされた。
気が早いように思えなくもないが、本来はそれぐらい本腰入れるものなんだろうな。

俺はすでに書く内容も希望教員も決まっているので、とくに苦もなかった。
けれど、卒論はいわば学校生活の集大成として考えることも可能なわけで、いままで勉強してきたことが、卒論でどれだけ生きてくるのかと多少不安にもなる。
自分で論文のテーマを自由に決めて勉強できるというのは大きな魅力だけどね。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-10-04 01:33

シュレッダー

にゅーあきば見てたら、取り上げられていた。

Best guitar player in the worldなんだってさ。

More
[PR]
by sargent_d | 2005-10-01 01:01