<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トラウマ共有

俺にはいくつかトラウマがある。
別に書くことでもないので割愛するが、人には誰しもトラウマの一つや二つはあるもんだろうと思っていた。
しかし、世の中にはそうでない人も希にいるらしく、平々凡々安穏楽々と日々を消費しているという。
ので、そういう人にも俺のトラウマを一つ共有してもらいたい。

このサイトにアクセスしてみよう。あ、音量に注意。
開けたら、最後まで我慢してみよう。できるだけ。
決してブラクラとかグロとかそういう類ではない。安心してどうぞ。

まぁ、俺が見てはいけないものを見てしまったウサ晴らしだけの更新。
[PR]
by sargent_d | 2006-01-31 19:41

(注)バトンです。

アメリカにいるKからバトンを回された。
正直、バトンってとっくの昔に旬も過ぎてんだから、今更感が否めないけれど、たまにはやってみようか。
酒バトンだそうだ。

【Q1:酔うと基本的にどうなりますか?】
判りやすい。
楽しいときは、よく喋るようになるし、ツマランときは口数が減る。


【Q2:酔っ払ったときの最悪の失敗談はなんですか?】
正月、叔父の家で泥酔。
挙げ句、当時読み込みすぎていた幕末歴史小説のせいで、ベッドの中で憂国の士に変貌。
現代日本にさんざ罵声を浴びせた(誰も聴いてない)のち、こともあろうか洗濯物カゴにゲロ。
翌朝、干し終わった洗濯物がゲロにまみれているのを叔母が発見、激怒。

【Q3:そのときは何をどれくらい飲みましたか?】
丁度、叔父の友人達が集まっていたパーティだった。
酒飲みが集まっていたので、アホなオッサンのうち一名が日本酒の樽(一応小さめ)を持ち込んできた。
茶碗で飲んでいた気がするが、正確にはまったく覚えていない。

【Q4:最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?】
辻ロック翌日。
気付くとなぜか自宅に。
あれ、和民にいたはず、と記憶をたぐり寄せるも、未曾有の頭痛によって断念。
携帯で時間を確認しようと鞄を探ったら焼酎のボトルが出てきたので、昨夜のことは無かったことにする。

【Q5:酔っ払ったときに迷惑をかけた人にこの場で謝りましょう】
申し訳ない。
しかし、どちらかと言うと酔った人間に迷惑をかけられる側の気がする。
夏合宿下見のとき。
深夜までウイスキーとビールを飲み続けた当時店長と当時渉外の俺。
そろそろ寝るかと部屋に帰るが、なぜか店長が興奮状態。
いきなりタックルを喰らい、そのまま和室の闇のなかでプロレス。
翌朝、吐き気を訴える店長を連れて下見を続ける。

【Q6:今,冷蔵庫に入っているお酒の容量は?】
冷蔵庫には日本酒が5合ほどのみ。
冷凍庫にビーフィーターとボンベイサファイア。
あとはワイルドターキーとアーリータイムスが少々。

【Q7:好きな銘柄は?】
黒ラベル。
濃いビールは苦手。
ジョッキで飲むならモルツも好き。
スーパードライは嫌い。ステンレススプーンの味がする。

【Q8:最近最後に飲んだ店は?】
昨夜、ハーレーでズヴロッカ3杯だけ。

【Q9:よく飲む、もしくは思い入れのある5品】
ジャック(基本)
ターキー(中村先生と大地のボケがこれで死亡)
スピリタス(辻さんのレジェンド超人っぷり)
黒ラベル(家で飲むなら)
スーパードライ(アンドロイド金井のある意味伝説)

こんなもんで。
パソコンの調子が良ければ、普通の記事もあとで更新するか。
[PR]
by sargent_d | 2006-01-31 19:22

失態

家のパソコンの調子は悪いが、就職活動はせねばならん、ということでわざわざ学校のPC教室に出向いてはきたが。

家に手帳を忘れて、どの企業のページにもログインできないと気づいた5分前。
俺は一体、ここで何をすればいいのか。
エントリーシートの下書きは帰りがけ、喫茶店でやるとしても、本命のウェブ作業ができない。

仕方なしにGoogle先生でいろいろ検索して遊んで終わり、ではこの先の様相に暗雲がたちこめてくる。
エントリーした企業のHPでも見て回るかなぁ。

そういえば、先日資料請求した某広告代理店。
パンフレットを見たら昨年から働いている先輩の写真が。
「あなたにとって働くとは?」みたいな質問に、フリップを使って答える社員の写真が並んでいるページ。
その先輩の答えは
「漢(ROCK)をつらぬくこと」
だった。

そしてその横には
「それってどういう意味ですか?」
と書かれていた。

俺は先輩を知っているので言わんとしていることのうち幾分かは伝わってくるが。
しかし、実際働いて、新人にメッセージを送っている先輩の姿は格好良いと素直に思った。
先輩の日記を拝読していると、いろいろマズイこともあるようだが、なんだかんだであの人なら面白い仕事をやるんじゃないかなぁ、とも思う。

そろそろ帰ろう。
家に帰ったらパソコンの機嫌がよくなっていることを祈るしかない。
絶対Yahoo!のフリーゲームには手を出さない。
[PR]
by sargent_d | 2006-01-29 13:00

雪だるまと8歳とレーサーX

少し遅いけれど雪だな。
もう結構溶けていて、そこら中の地面がアイスバーン状態。
昨日から今日にかけて2人、滑った人を見た。

一人目は自転車の兄ちゃん。
片手に傘を差して、思いっきりガシャシャーンって滑ってた。
こんな状況下に、そんな運転テクニックがあるのは日本海側のチャリ通中学生ぐらいなもんだと思うのだが。

もう一人は女子大生。
ヒールの高いブーツを履いていて、あぶねぇなぁ、と思っていたら案の定俺の目の前でずっこけた。

どっちにも言えることだけど、なんでそんなことするんだろうか。
都会の人々は自身の安全について、脳みそトロトロになってんだろうか。

歩いていると1分に1体は溶けた雪だるまを見つけた。
ぐしゃぐしゃになった雪だるまほど切ないものも珍しい。

話はかわってこの動画
8歳のロシア人と思しき少年がレーサーXを弾き倒してる。
後半はアップなので判りやすいけれど、ニコニコしてピロピロやってんだから、末恐ろしいもんだね。
一見の価値あり。
[PR]
by sargent_d | 2006-01-22 22:46

3年次終了間際

限界まで控えめに言ってもパソコンの調子がウンコだ。
レポートやら就活やらで、パソコンがなきゃどうしようもないこの時期に、あざ笑うようにパソコンがシャットダウンを繰り返す。
ブログなんて更新できるような状況じゃなかったので、しばらく何にもできなかった。

プログラムの問題かと思って、ウィンドウズをアップデートしようとしたら
「コンピュータは現在不安定な状況です。失敗しました」
って、アホか、くたばれ。不安定なのは俺が一番知っとるわい。

まぁ、そんなこんなで色々いじっていたらブログの更新ぐらいはできるようになったので、とりあえずの現状報告。

授業は昨日で終わった。
レポートもあと2000字だけ書けば終了。
いよいよ3年生も終わりなのか。
大学生活は早い早いと聞かされていたのが、つい最近のように思えるくらいに早い。
Bon Joviのファーストアルバムくらい短い。気付いたら終わりに差し掛かっている。

自分が1年生だったころ、4年生の先輩たちはものすごく年上に思えたもんだが、もう自分がその立場になろうとしている。本当にこんなんでいいのだろうか。
社会に出るという実感というものも、そこまで無いのが正直なところ。
自分で働いて金を得るっていうのは、昔っからはやくそうしたいとは思っていたが、いざここにきて疑問がよぎるってのも妙な気分だ。
というか、大学に入る前だって、自分の学生生活なんてイメージできなかったし、実際入ってみたら想像とはかけ離れていたし、そんなもんか。
大学に入ってウォータースライダーでリアルに死亡事故起こしそうになったり、顔面ローション塗れになったりするとは思ってもいなかったもんなぁ。

そういや、つい最近知ったんだが、細木数子の占いによれば、俺って大学1年から3年の間が大殺界だったんだそうだ。すげー楽しかったんだけどね。
まったく、あのオバハンだけは信用ならない。

そうそう、こないだ話題になってた空耳アワード。
このサイトから過去の放送が見られるのでどうぞ。
[PR]
by sargent_d | 2006-01-19 19:02

スーパーエクスプレス

帰ったら家のテレビが巨大化していた。
うちの親は普段はモノを買わないくせに、俺が東京や旅行から帰ってくる直前になると、何か思い切った買い物をして俺を驚かせる癖がある。
車やテレビならまだいいが、小学校の修学旅行から帰ってきたら、一戸建てを購入していたのには度肝を抜かれた。

大阪は思いの外、寒くは無かった。
というよりは、街を闊歩する人々が薄着なので、視覚的に寒さが緩和されるのだろうか。
どうにも、東京の人々のほうが厚着であるように思える。

帰りの新幹線は酷かった。
ラッシュのピーク日だったようで、わざわざ一番混みそうな昼は避けたというのに、ホームは人で溢れかえり、構内にはスーツケースをガラガラと牽く音がしきりに響いていた。
のぞみは自由席が3車両のみということもあって、早々に諦め、ひかりのホームへ向かったがそれでも悲惨。
何本遅らせたところで座席は確保できそうになく、ひかりのデッキで読書に専念し、ようやく座席にありつけたのは名古屋だった。

となりの座席に坐っていた肥満男性はスナック菓子に飽きると、やおらラップトップのMacを取り出し、テーブルに載せた。
壁紙はアイドルスライドショー。
ほしのあきやら小倉優子やらの水着姿が次々に画面に映し出され、伊東美咲のドラマの壁紙には「逮捕しちゃうぞ」と書かれていた。
俺が警官だったら、真っ先に貴様を職務質問してやる、とは思ったがそんなことは言えるわけもない。
すぐ横の通路で立ちっぱなしになっていた外国人男性二人組も、あまりの満員っぷりにキレていたようで、シットだのジャパニーズはクレイジーだのひどく煩い。

新幹線のドアの上には、字幕でニュースや広告が流されるのはご存じかと思うが、あれに「毎日新聞ニュース 帰省ラッシュがピーク。新幹線、航空便は全面的に混雑」と流れたときは車内の何人かが間違いなくブチ切れたかと。
言われんでも判るわい。

交通網が発達して、国土が狭くなったことの弊害が身に染みた。
[PR]
by sargent_d | 2006-01-04 17:12