<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

正直に言うならば

今日はこういう一日だった。

恵比寿でバイト中に今日が始まり、朝5時半に帰宅し、1時間ほど読書して、起きたら昼の3時。小金があるのでスーパーまで歩き、米や油、野菜を買う。
6時に食事して、また読書。
9時にテレビを付けて、今日はじめて世の中と繋がった。

そうしたらファンファン大佐が死んでいた。

液晶画面の中で古館がしかめ面をしている。
報道ステーションのオープニングはいつもどおりの小粋なジャズで、まったく雰囲気がちぐはぐだ。

そして地震で5000人以上が死んだ。

日本のどこかで、また小学生が死んだ。

俺が働いて1万円もらって、煙草を吸いながら帰って、寝転んで本を読んで、ちょっとギターを弾いて、フライパンにオリーブオイルをひいて、そんなことをしているうちに、たくさんの人が死んだらしい。

こういう考えがキリのないものだということは判る。
たとえ誰かがどんなにどん底の状況でも、少し離れた人間の日常には影響を及ぼすことはない。
一人の人間の不幸をすべての人が背負い込んだら世の中は動かなくなる。

有名人が死んで、それに対してすこしの祈りをささげることもあるけれど、それでも俺は飯を3杯食うだろう。
だって俺は身内が死んだときだって飯を食った。
さすがに3杯は食えなかったけど、昼になると空腹になったから。

そして、もし俺が不幸な事故や天災に巻き込まれて死んだとき(あるいは隣人に刺し殺されたとき)、何も知らない人々は飯を3杯食うだろう。2杯かもしれないし、5杯かもしれない。デザートまで食うかもしれない。
それでいいはずだ。俺は誰に対してであっても、生きていくことを止めさせることはできない。

ただ、生きていることを実感させることはできるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

と、なんでセンチメンタルになっておるのか。
最初はファンファン大佐を偲んで、そのあと昔のくだらないテレビ番組について書こうかと思っていたのだが。
やだなぁー。
[PR]
by sargent_d | 2006-05-29 23:43

今朝、すべてのバーで

神田駅にて作業後、6時前に馬場に着いた。
二限に出席しなければいけない。
何せ、まだ一回しか出席していないのだから。
とはいえ、10時40分までやることがない。
喫茶店すら開いてねぇなぁ、と思いながら早稲田通りを歩いていると、ハーレーはドアが開いていた。
店じまいの途中だったので、挨拶だけのつもりが「飲む?」とのお言葉を頂いた。
朝6時に飲む一杯目のビールは旨い。

そのまま22号館のPC教室。
1時間ぐらい時間をつぶしたら、軽く朝飯を食ってラウンジで仮眠しようか。

・・・・・・。

以前にも書いた。
村上龍の言葉だが、「学生が貴重な時間、それも半年ほどを就職活動のような行為に費やすシステムに納得いかない」とかなんとかいうようなこと。(しかし、村上龍は「システム」って言葉が大好きだよな)

事実、俺も半年ほど(ずっと全力ではなかったにせよ)費やしたわけだが、いま思うと、まぁ、これはこれで意味があることだな、と。
というのも、やっぱり現代日本の教育制度とか勤労制度や慣習、国民性、諸々のことを考えると、やはり就職活動はある種の通過儀礼として有効だと考えているからだ。
もちろん、みんながみんな経験する必要なんてないけれど。
たとえ、それが能動的であったとしても、「切羽詰る」ということを、わりと実害の少ない形で経験できる時期なのかもしれない。そういう意味ではアリじゃないだろうか。

自分の就職活動がいいものだったか、悪いものだったか、それは判断しにくいところだけど、とにかく自分なりの結果はでた、ということで。(前の日記と連続して読むと、負け惜しみみたいだな・・・・・・)


あー、眠いな。まずい。
[PR]
by sargent_d | 2006-05-17 07:00

結果発表

とりあえず、報告。

・・・・・・駄目だった。

ここ数日、緊張しっぱなしだったというのに。

最終で落とされるというのは、なんというか・・・・・・ショックというよりは、脱力する。

まぁ、仕方が無い。
これからのことを考えねば。
幸いにして、一社からは内定を頂いている。
就職活動を今後も続けるのか、続けるとしたらどういうスタンスで続けるのか。
考えることはいくつかある。
ちょうど、連休だ。
一山済んで、少しだけ羽を伸ばしながら考えることにする。

に、しても。
無念。
[PR]
by sargent_d | 2006-05-02 15:22