<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

無茶しすぎな推薦図書

ケリー・キング、お茶目キャラなのは知っていたが、ここまでだとは思ってもみなかった。
今日のRock Fujiyamaは個人的に永久保存版。
ケリーの弾く"I'm Broken"を見てはじめて、マーティは余計なソロを弾くなと思ってしまった。

本題。

近頃、やたらめったらに取り上げられているニュース。
「1か月読書せず」49%、若者の本離れ進む
いや、毎年毎年同じように危惧されているような気がしなくもないけれど。

しかし、このニュース妙だ。
以下、長いけれど引用(読売オンライン)



読売新聞社の「読書」に関する全国世論調査(14、15日実施、面接方式)で、この1か月間に1冊も本を読まなかった人は49%だった。

 前年調査より3ポイント減ったものの、過去10年、50%前後を推移している。年代別では、20歳代で「読まなかった」が前年より7ポイント増の48%となり、この質問を開始した1980年以降では最多だった。若者の「本離れ」が浮き彫りとなった。一方、50歳代、60歳代で「読まなかった」は、それぞれ49%(前年比6ポイント減)、51%(同10ポイント減)に減少し、「本回帰」となった。

 本離れの歯止め策について聞いたところ、「家庭で読書の習慣を身につけさせる」51%、「学校で読書教育に力を入れる」47%――などが高かった。

 また、本を読む理由は、「面白いから」38%が最も多かった。類似の質問をした過去2回の調査では、最多は「知識や教養を深める」だったが、初めて「面白い」がトップとなった。

 携帯電話などで小説やエッセーが読める「電子書籍」の利用について聞いたところ、利用が「ある」は計7%。年代別では、20~24歳が最多の19%だった。

 好きな作家については、司馬遼太郎が1996年の調査以降、同じ質問をした7回連続でトップ。20~40歳代の支持を集めた宮部みゆき(3位)、村上春樹(4位)が順位を上げた。



本当に活字離れしているのは若者なのか?
確かに20代の数値は増加しているけれど、50代、60代の数値とかわらんじゃないか。
しかも、20代は記事内にもあるように電子書籍を利用しているし、本じゃないけど、ネット上の活字には日常的に触れているだろう。
そう考えるとむしろ若者のほうがよっぽど活字に親しんでいるようにさえ思えてしまう。

なんだかんだで新聞社や出版社は己の活路を見出すために、こういった怪しげな警鐘を鳴らし続ける必要があるんだろう。デオドラントのCMが体臭への危機感を促すことで購買に繋げるように、活字メディアもまた本を読まないことがいかに問題であるかを騒ぎ立てているような気がする。

あと、本離れを防ぐために「家庭で読書の習慣を」だとか「学校で読書教育」だとか、そういった意見は一体いつになったらなくなるのか。
もう断言してしまいたい気分になるけれど、「読む人は読む、読まない人は読まない」のだと思う。
はっきり言って性格の問題なんじゃないか。
本を読まなくてはいられない人と読まなくても平気な人の二種類がいるとしか思えないし、そのどちらが良い、悪いということもないだろう。
大体、普段読書ばっかりしている人間にとってさえ、人から押し付けられたり必要に差し迫られて読む本ほどつまらんものはない。
仮に親にドスト読めと言われて「罪と罰」を読破してしまうような中学生がいたらよっぽど気持ち悪い。

学校での教育に関してもしかり、で押し付けがましいのはよくない。
もちろん、正しい日本語を身につけるための国語教育というのは不可欠だとは思うけれど、国語の授業は文学の素晴らしさを滔々と並べ連ねるためだけのものではない。
そういった要素は必要にせよ、いざ読書感想文などを書かせるときに、対象が純文学であるかどうかをものさしにするような価値判断はなくならんものだろうか。

俺の場合、高校の現国の先生はそういうことを理解してくれていたような気がするけど、中学の爺様先生はきつかった。読書感想文、ただし夏目漱石の作品に限る、みたいな。
おかげで俺は今でも「夢十夜」を面白く読めないでいる。当時、椎名誠の「ちべたいビールにラーメンをハフハフ」的な文章ばかり読んでいた人間なのだから、そういうものについて書かせてくれたのなら、椎名誠の書く食い物は旨そうだ、とかなんとか気分良く書けただろうに。

百歩譲って学校で読書を推進せねばならん、どうしてもならん、というのなら推薦図書を完全に見直せと言いたい。
以下、京都府教育委員会による中学生への推薦図書35選の一部を検証してみる。

A 定番&納得がいく
アンネの日記 アンネ・フランク
竜馬がゆく 司馬遼太郎
13歳のハローワーク 村上龍

B たしかに推薦できるっぽい
14歳からの哲学   池田晶子
十二国記        小野不由美(意外とライトなのも入ってんだね)
カラフル         森絵都
西の魔女が死んだ  梨木香歩(俺はいまいち好きになれんかったが)
キャッチャー インザ ライ サリンジャー 村上春樹訳

C 中学生にはきついような・・・
南宋里見八犬伝   滝沢馬琴(どの程度現代的に訳されているかが問題)
沈黙           遠藤周作(高校生ぐらいでよいのでは・・・・・・)
もの食う人々     辺見庸(教育委員会っぽいな)
舞姫          森鴎外(ふつー、中学生は読まないし、よくわからんのでは)

D 絶対無理
赤と黒         スタンダール(俺は完全に挫折)
戦争と平和      トルストイ(岩波文庫5巻も読めるか)
罪と罰         ドストエフスキー(だからロシアはきついっつの)
徒然草         吉田兼好(現代文を薦めてやれよ)
新唐詩選       吉川幸次郎(漢詩を嗜む中学生って)

さて、どうか。
いかに推薦図書が無茶しているかが分かる。
上のほうでドストをネタにしたら本当に出てきて唖然。
トルストイの戦争と平和なんて、推薦している側の教育委員会の人々が本当に読破したのかすら疑わしい。ハードカバーの戦争と平和なら、余裕で人間を撲殺できるボリュームがあるぞ。
これが「イワンの馬鹿」だったら、まだ外国文学ってそんなにむずかしくもないな、ってイメージの植え付けに成功する可能性があるやもしれんけど。

じゃあ、お前なら何を推薦するのって言われたら。
推薦された本はつまらんと書いたばかりだが、あくまでも仮定として。

お父さんのバックドロップ 中島らも
哀愁の街に霧が降るのだ 椎名誠
時をかける少女       筒井康隆
卍               谷崎潤一郎
眼球譚            ジョルジュ・バタイユ

という具合だろうか。
卍も眼球譚もポルノグラフィーなので中学生なら絶対に読破できる。
むしろ男子なら読み終わるまでに3回はオナニーするはず。
とくに眼球譚は「オ××コ」という単語が1ページに3回ずつぐらい登場するので一気読み間違いなし。無論感想文も「オ××コ」だらけになること請け合い。先生も一気読み。
多分、この5冊全部を読んでどれもつまらん、という人は読書する必要なく人生がおくっていける人だと思う。それならそれでいいじゃないか。
[PR]
by sargent_d | 2006-10-31 03:51

ケリー・キング、出演

ヘビメタさん以降、ちょくちょく書いているが。
10月30日のRock FUJIYAMAは必見。

ケリー・キングがバラエティ番組初出演。
それもコーナーゲストなんかじゃないらしい。
CM前にちょろっとタイトルコールするのでもないらしい。あくまでもメインゲスト扱い。
くわしくはヘビメタさん生みの親ヴィンセント氏のブログにて。

歴史上ありえなかっただろうMEGADETH vs SLAYERだ。
いくら深夜番組とはいえ、歩く放送コードブレイカー的見た目のケリー・キングが出ていてもいいんだろうか。

まぁ、ファンの間では意外とケリーのお茶目キャラは知られているけど。
ジェフ・ハンネマンは死んでも出ないだろうが。

ちなみに今夜の放送はみうらじゅんと安斎肇がゲスト。
これはこれですごく楽しみ。
[PR]
by sargent_d | 2006-10-23 16:00

長い長い感想文

書くことはラウドパーク以外にないわけで。

まず、いままで行ったフェスのなかでは一番快適だった。
音響は一日目は微妙だったものの、二日目は良好。
メッセのでかい会場であの音質なら満足。
フードエリアも充実していて、そんなに並ばなくても買えた。
ロックオデッセイのときは、飯買うだけで30分かかっていたし、サマソニも似たようなもの。
セキュリティもそんなにうるさくない。
サマソニなんかだと前列のセキュリティが躍起になって撮影やダイブを止めようとするのが興ざめだが、今回はそれほどでもなかった。
そして何より面子が奇跡的なラインナップ。

以下、長い二日間の様子。

14日。
朝7時半に起床。
MEGADETHを聞きながら歯を磨き、風呂に入って、いざ海浜幕張へ。
コンビニでリポビタンDを購入し、意気揚々と馬場に着いた時点でチケットを家に忘れたことに気づき、落胆。
馬場に戻ってきたころには集合時刻にはとっくに間に合いそうもなかったので、諦めて吉野家で飯を食ってから再出発。

会場に着いたのは12時半ぐらいか。OPETHを2曲だけ聴けた。
ものすごく上手いけど、若干音が悪い。
まぁ、デカい室内ステージなので分かっていたこと。
一旦サークル員と合流してHCSS。かっこいい。
で、続いてDRAGONFORCE。
俺の中ではここ最近のメタルのなかで最もネタ要素の強いバンドのひとつ。
知らない人は以下のPVをチェック。
DRAGON FORCE PV
速すぎる。本当にライブで再現できるのか疑問だった。
結果。酷い。ドラムが速いのは分かったが何をやっているのかが分からない。
パチンコ屋の騒音を5倍増しにして聴いている感じだった。
演奏できる曲を書こう。

続いてBACKYARD BABIES。
当日、BYBのTシャツを着て行ったんだが、ほとんど他には見かけなかった。
客少ないのかなー、と心配していたけど、割と大丈夫だった。
シンプルでもかっこいいことはできる。
ドラフォの人たちは少し見習ってほしい。

ステージを移動して、JIMISENとざ・ば~ん。
ジミヘンとパープルのコピーバンド。
上手すぎ。マジでこれは凄かった。
完コピの限界点を見せ付けられた。
ある意味、いろいろとディフォルメしているので本人よりも本人っぽい。

で、ARCH ENEMY。
ライブは3回目だけど、相変わらず上手い。
音響が悪くても、演奏力が高いせいかタイトに聴こえる。
昔の曲も多くて満足。ライブで初めてベースの音が聴こえた。

ANGRA。
ボーカルの調子が悪い・・・・・・。
ベーシスト太りすぎ・・・・・・。
Carry Onは合唱した。

ANTHRAX。
MEGADETHを前で見るために隣のステージから観賞。
十分に見える。
NAPALM DEATHは見れないが・・・・・・。
音が格段に良くなった。リフの刻みが気持ちいい。
オリジナルメンバー復活だが、ベラドナ歳とりすぎ。
ふつーのおっちゃん。Tシャツをズボンに入れるのは止めてくれ。
本物のスコット・イアンとチャーリー・ベナンテに感激。
フロアが凄いモッシュピットになっていたけど、それでも決め所は外さない。
「ナァーイファッキンラァーイッ!!!」の声援は2日間で最大。

MEGADETH。
本当にムステインが弾いている・・・・・・。
中3以来の悲願達成。
興奮しすぎてほとんど何にも覚えていない。
PEACESELLSのイントロですでに泣きそうになる。


15日。
朝、皆がそうであるように動けない。起き上がれない。
結局会場に着いたのは3時半。

THE BLACK DAHLIA MURDER。
高校生のころ、当時はMP3.comっていうサイトがあってそこでいろいろ聴けたんだが、このバンドの音源もあった。
まだ今みたいにヘヴィ・ラウド系が盛り上がる直前で、若いのに売れない音楽やってんなー、でもかっこいいなーと思っていたら来日。
演奏がめちゃくちゃ上手い。
ボーカルデブ、メガネ、メタルオタク。MCが酷い。
Vo「お前らスレイヤー楽しみか?俺は楽しみでしょうがないぞ!」
gu「俺はディオも楽しみだ!!」
Vo「おおー、ディオ!ディオは最高だ!!早く観たい!!」
みたいなことを始終言っていて爆笑した。

一旦喫煙所へ。
新店長と喫煙タイム。
一服したらHATE BREEDを見に行くか、と言っていたが、新店長がずっとあらぬ方向を見ている。
なんだ? と思ったら店長の視線の先にはスカートからのぞく黒パンツ。
あまりにも潔くモロ見えすぎて興奮しない。
吸い終えても動かない店長。
挙句、「HATEBREEDよりもパンツです!」と言い出す始末。
やっと動き出すともうHATE BREEDが終わっていた。しかもI曰くめちゃくちゃかっこよかったらしい。
別のブラックダリアを見すぎてしまった。俺も。

IN FLAMES。
スラッシュ四天王を除けばベストアクトだった。
Behind Spaceで震える。死ぬほどかっこいい。
最近の曲はよく知らなかったけれど、音もいいし、ステージアクションも最高。

チルボドまで休憩。
5人ぐらいで煙草を吸っていると変な外人にコンタクトされる。
二人組みで片方はスキンヘッドに全身タトゥー、乳首ピアス。
肩を叩かれた瞬間は殺されると思ったが、ただ一緒に叫びたかっただけらしい。
メロイックサインをしながらグウオァァァーとひたすら叫んでいる。
単語はYEAH!!!とSLAYER!!!しか知らないようだ。
こっちもサインしながら叫んであげると上機嫌で叫びながらどこかに消えていった。

CHILDREN OF BODOM。
いきなり人が増えまくっている。
幕張が満杯。
演奏は荒かった。最後のほうはなんとかなっていたけれど。
俺はすでに疲労困憊&体力キープのために後方から観戦。

Dio。
64歳。歌えるのか、と思っていたら凄かった。
kill the king,long live R&R,silvermounten,Heaven&Hellとレインボー、サバス時代の名曲乱発。よもや本物のボーカルが聴けるとは。
多少このフェスには合わないかなと懸念していたけど、さすがだった。
元祖メロイックサインにも感動。

SLAYER。
よくサークルのラウンジなんかで机をダダダン!!!なんてやっているけど、ついに本物。
書くことは何も無い。凄かった。

帰宅時に東西線で乗っている車両が人身事故。
自分の乗っている車両が事故を起こすのはこれで3回目なんだが、どれもライブの行きかえり。
なにか因縁があるんだろうか・・・・・・。

フェス全体を通して思ったことなのだが、このフェスはとても気分が良かった。
というのも、空気を読めない観客が少なかったから。
サマソニなんかだと、とりあえず暴れられればなんでもいいとか、ライブはどんな風に暴れてもお咎めなしとか、そういう考えのどうしようもない客がいるけれど、そういうのはなかった。
ダイブにしろ、モッシュにしろ、みんな上手い。ライブ慣れしていて、どうすれば怪我をしないかを分かっている。
暴れながらでも曲はしっかり聴いているし、上に書いたアンスラックスみたいに決め所も心得ている。
ゆったり見る人は後ろ。騒ぐ人は前、という住み分けもできていたし、ゆっくり観ている人にもライブを盛り上げようとする意識があったように思う。
ま、某バンドには俺も含めて冷ややかだったが。

来年もあるといい。
[PR]
by sargent_d | 2006-10-16 22:28

釣果

朝5時の電車に揺られ、一路茨城県、取手市へ。
遠い。電車代、片道で1020円。
藤代駅に着いたのが7時前。

先日の日記には利根川に行く、と書いたが、色々調べてすぐ近くの小貝川という川に行った。
同じ利根川水系だが、利根川ほど人が立ち入っていないため、面白そうだなと思ったのと、川幅がやたらに広すぎると釣りがしにくいという理由からだ。

藤代駅には地図もなんにもなく、駅前にコンビニもなかったので子貝川の場所を探すのには手間取ったが、国道6号沿いに歩いているうちに到着。
思っていたよりもずっと立派な川だった。
というか、予想外に大自然。

護岸工事などはある程度為されているとはいえ、岸は雑草が伸び放題。
とくにススキがすごくて俺の胸の高さぐらいにまで一面に生えそろっている。
しかも前日の雨で地面がひどいぬかるみ。釣りのできそうなポイントにたどり着くまえにスニーカーとジーパンの裾がどろどろになった。

で、肝心の結果だけれど。
釣りを開始してから1時間ほどか。
ポイント移動を繰り返しながら、4つ目のポイントで。
釣った。びびった。いきなりこんなの。
a0004254_15525920.jpg

写真じゃ、大きさが伝わりにくいと思うけど、52センチ。
メジャーが無かったので、体長と同じ長さの同じ長さに釣り糸を切って家で測った。
興奮しすぎてこんな微妙な写真しか取れなかったのが無念。

川べりに微妙にワンド(湾)になっているところがあって、その水面に木が覆いかぶさるように生えていた。
「いかにも」というポイントで、「いかにも」な魚が釣れるという、ゲームのような展開。
でっぷりとした体つきでめちゃくちゃ重かった。
持ち上げるときに口を掴んだんだけど、親指の皮がバスの歯ですこし切れたぐらい。
誰もいない川べりで一人大騒ぎしていた。
いままでの自己記録が48センチでいつまでたっても50には到達していなかったから。

魚をリリースしたあともテンションは下がらず、次のポイントを求めて歩く。
歩き続ける。
釣れない。
それでも歩く。
釣れない。
上流に行くにしたがって、川べりが荒れ放題になってくる。
人間が立ち入れる場所を探してひたすら歩く。
だんだん民家がなくなってくる。
15センチはある巨大なカマキリを途中3匹も見つける。
トノサマバッタは腐るほどいて、足を3歩踏み出すごとに草むらから一匹飛び出してくる。
たまに釣りをするが、もっといいポイントがあるはずと思ってなお歩く。
すでに民家は無い。歩いている人もいない。たまにスクーターに乗ったじいちゃんとすれちがう。
バッタが人の1000倍ぐらい居る。
道の先が見えない。
a0004254_1653366.jpg

ずっとこんな感じ。
途中、おにぎりを齧りながら歩く。
気づいたら2時間以上歩いている。釣りをしている時間よりも長い。
最後には水門にたどり着く。
さらに上流も目指せたが、どう見ても人間が立ち入れる感じではない。
俺の背丈ぐらいの葦原が地平線を覆い隠している。
もうデカイのが一匹釣れたので満足して終了。

帰宅してどれぐらい歩いたのか調べてみた。
地図参照
出発地点は地図右下の藤代駅。
最終的には画面左「岡」の文字の北北西にある橋よりもさらに西側。

実は昨日、俺も行きたいという申し出がIからあったのだが、下手したら10キロぐらい歩くよ、といったら、「そんなん止めて海釣り行こうぜ」と言われていた。
正直なところ、一人で気ままに釣りをしたかったので、ハッタリをかましていたのだが、川沿いにこの距離を歩いていると考えると、余裕で10キロは超えている。しかも悪路。
確実に明日は筋肉痛だろう。悪くない。
[PR]
by sargent_d | 2006-10-12 16:16

47のうちの茨城

ふと、そんな気になって、明日学校をさぼって利根川に釣りに行ってみようと思い立ったら、どうにも興奮してきて眠れない。
22歳にもなって、そんなんでいいのか。

茨城県には今まで一歩たりとも踏み入れたことがなくて、自分にとっては北海道や鹿児島よりも遠い場所のような気がしていたのだけど、電車に一時間くらい揺られれば着いてしまうということに驚いた。

よくよく考えてみると、日本全国で、行ったことのある都道府県とない都道府県なら、ないほうが多いのかもしれない。
もちろん、ない、というのはたとえば新幹線で通過しただけ、というようなのも含まれる。
その都道府県でなんらかのアクションを起こした場合のみ、行った都道府県ということ。

なので、ちょっと数えてみた。
結果は47ある都道府県で行ったことのないのが22。
とりあえず、半分はクリアしていた。

しかし、俺は死ぬまでに47を全て制覇できるんだろうか。
そりゃあ、アメリカ人がすべての州に行くのはとんでもない労力だろうけど、日本ならほとんどが電車でスイスイ行けてしまうのだから、行かない手はないように思えてしまう。
やはり日本人に生まれたのなら、この狭いような広いような曖昧な感じの国土ぐらいは周遊してみてもいいんじゃないだろうか。

そういうわけで、手始めは茨城。
納豆は食えない。
どうも茨城に失礼な俺。釣れるといいけど。

余談

実のところ、みんなどれぐらい47都道府県を制覇しているんだろうか。
気になる。
個人的には35を超えていたらすごいような気がする。
[PR]
by sargent_d | 2006-10-11 07:22