朝方

散財散財。

やっぱ、焼肉って高いなぁ。

今日は土浦にいるはずだったが、馬場の朝日を久々に拝んだ。

富士そば店員モノマネ

あー、あるあるっていう典型的なネタ。
今朝食いにいけばよかったなぁ。
[PR]
# by sargent_d | 2007-06-24 19:21

マシーン

俳句自動作成マシーン

俳句じゃないけど。
会社で調べ物途中、偶然発見。

笑っちゃいけないからこそ、面白い。

クリックするだけで、ランダムの言葉で俳句ができる。


肝試し
下手の横好き
外科手術

いいなぁ。
[PR]
# by sargent_d | 2007-06-20 22:33

クレジット

よもや、自分の名前が、映画のエンドクレジットに載るとは。
いや、ああいう会社に勤めていればそういう事態が珍しくないにしても。

少なくとも、まだ社会人生活3ヶ月未満の、試用期間も終わっていない俺の名前が載るというのはなんだかくすぐったい。
どの作品にクレジットされたかは、まだ公開前だし、色々とあるので言えないが。

ハリウッドの大作だとか、全国の映画館で上映されるような作品ではない。
とある、昔の映画のデジタルリマスター版だ。
作品名を知っている人と知らない人の割合でいえば、多分知らない人のほうが多いだろう。
俺自身は大学の授業で見たので、たまたま知っていたけれど。

リマスター版DVDリリースの予定があるので、そうなれば記念になるかな。

もちろん、俺自身がリマスターを施したわけではなく、エディターと客を繋ぐ窓口の役目の人を手伝っただけのこと。
だから、やったこととしては、業務連絡のメールを飛ばしたり、お客さんを社内案内したぐらい。
むしろ、業務フローを通して研修を受けさせてもらったぐらいなのだから、載せてもらってよいものかと思ってしまう。
そりゃあ、嬉しいけれど、俺の1000倍は仕事をしたであろうエディターさんの名前が載っていないというのには申し訳の無さのようなものを感じずにはいられない。

この気分を埋めるには、俺自身がもっとマトモに仕事をこなせるようになるしかないんだろう。


基本的に、俺は映画業務には関係のない部署にいるから、もしかしたらクレジットに名前が載るというのは最後かもしれんが・・・・・・。
[PR]
# by sargent_d | 2007-06-18 21:37

xionmao

会社同期の飲み会からいい気分で帰宅。

ラーメンの湯を沸かしながらテレビをザッピングしていたら驚いた。

聴いたことのあるメロディ。
と、いうよりは聴きなれた曲。

テレビ東京の「エリートヤンキー三郎」というドラマのOPなのだが。
以前、某先輩のライブを見に行ったときに三軒茶屋のヘブンズドアで対バンをはっていたxionmaoというバンドの曲。

ライブハウスに行く機会ってのはわりと多いほうだと思う俺だけど、対バンが気になることってのは意外なほどに少ない。
そんななかで気になって、ライブ後に思わずCD-Rを衝動買いしたバンドの曲だった。

なんつーか、こういうこと書くのはアレなんだけど。
インディーバンドがメジャーデビューするってのはやっぱり凄いことだと思ってる。
自分でメジャーを志したこともない俺だけど、いざ現実的な成功例ってのを初めて具体的に体感できたし、ものすげー嬉しく思う。

というのも、やっぱり応援しているインディーバンドがいくつかあるからで、そういうバンドに対して「頑張れー」ってより素直に思えるようになったから。

酔ってるから明らかに日本語変なんだけど、こういうのって普段、リアルには感じにくいことだから、ひとまず書いておいた。それだけ。


ちなみに、そのxionmaoの曲「さくら」はホントに完成度が高い曲だと思う。
検索すればひっかかるはずなので、興味あるならどうぞ。
メジャー版CDも買おうっと。
[PR]
# by sargent_d | 2007-05-19 00:42

三文芝居

うわー、放置プレイ。

別に忙しいわけじゃない。

ネットに繋ぐと使える時間が一気に減るんだよな。
生産効率を上げるはずのインターネットなんだけど、使いすぎると逆行する。
ネット中毒気味なのは高校生以来なので、今更な話ではあるけど。

仕事はなかなか楽しい。

仕事が嫌で嫌で仕方がないってのは問題だけど、入社2ヶ月弱で楽しすぎるだなんて言うやつはほぼ間違いなくアホだろうから、「なかなか」ぐらいでちょうどいいんじゃないか。

恵まれてるとは思う。
「どんな仕事してんの?」って聞かれることが多いから、それに答えると「楽しそうだなー」っていう反応がほとんど。
確かに企画営業的な仕事ではあるから、そういう風に思われるのも当然か。


近況報告じみたことは止めて。

毎朝、自宅を出て駅に向かう途中、とあるおっちゃんにすれ違う。

加藤茶と地井武男がフュージョンした感じ、50過ぎぐらいのなかなか男前のおっちゃん。
毎日毎日、ローソンの前ですれ違っている。
それに気づいたのは2週間ほど前か。

俺が家を出る時間はかなりきっちりと決まっていて、多分誤差は20秒以内。
あのおっちゃんもそうなのだろう。
だから確実にローソン前ですれ違う。

大げさかもしれんが、ローソンを0地点として、プラスマイナスXメートル÷俺の歩行速度で、俺が家を出た時間の誤差が算出されてしまうような気すらする。

こうなってくると、おそらくあのおっちゃんが定年になるまで、俺とおっちゃんは毎日ローソン前ですれ違うのではないか、という予測が立つ。
今はまだいい。
この状況が一年続けばどうなるか。
俺もおっちゃんも、その事実に気づいていることは間違いない。

会釈とか会話とか、そういうことが発生するのだろうか。
その昔、俺が小学生だったころ毎朝同じ停留所からバスに乗るおばちゃんとは挨拶をしていた。(越境入学しとったんよね・・・)
そういう関係が、23歳を今年迎えようとしている俺にとってありうるんだろうか。

向こうからしてみれば俺は、一体どこの誰かもしらんし、スーツは着ているものの、どんな仕事をしているヤツかなんてわからんのだ。
大体、日本人と思っていてもらえているかどうかすら怪しいのに。
俺だって小学生のころのように、無邪気に笑顔ということもできなくなっている。
ウスラハゲに毎朝、笑顔をふりまかれるおっちゃんだって迷惑だろう。

しかし、いい加減気まずくなっているし、どんどん気まずさが増すのは恐らく事実。
3年間挨拶しないで、4年目からなんてできない。
タイムリミットは存在する。
ずるずるずるずる先延ばしにしすぎてしまったら、ある朝突然「おはようございます」だなんて言われて、まごつく俺に「今日で定年なんです」だなんて言われて更に戸惑う俺。
かける言葉も見つからないままに、「それでは」なんて言われ、おじさんの小さな背中を立ち止まって見送る、なんていう三文以下のドラマに巻き込まれかねない。
それは超絶的に恥ずかしいのでなんとかせねばならんのだ。



やっぱり、ネット繋ぐとロクな時間の使い方ができない。
早く寝れば良かった。
[PR]
# by sargent_d | 2007-05-17 22:34

靴磨き

靴を磨くのがこんなに楽しい作業だとは思いもよらなかった。

コンパウンド配合のクロスで磨くのとはワケが違う。
今までのは手抜きだった。

東急ハンズで一式揃えて3000円ちょい。
ブラシやらクリームやらリムーバーやら。
よもや靴磨きに3つもブラシを使い分けるとは思っていなかったけれど、いざやってみると確かに意味がある。
道具は偉大。

この靴は元来こんなに光っていたのだろうか、と思わされる始末。
今後は定期的にやらんといかんな、と思わされる。


よく言われることだが、道具やモノは手入れしてナンボ。
逆に手入れいらずの道具は愛着が湧かない。

手垢にまみれたり、ほんの少しガタがきたり、古ぼけてきたり。
そういうモノに惹かれてしまうのは、どうして男子のほうに傾向があるんだろうか。

ジッポー、ギター、時計、シルバー、工具、バックル、ジーンズ、車、レコード。
(しかし、こうやって並べるといきなり沢木耕太郎みたいだ)

ビンテージ、アンティークの言葉で片付けるにはいささか気が引ける。

思うに、女性は鏡と共に歳を重ね、男は道具と共に歳を重ねるのではないだろうか。
一方は否定を伴い、もう一方は苦味を伴う。

「ダイアモンドは永遠の輝き」という有名なコピーがある。
なるほど、女性に受け入れられるはずだな、と思った。
[PR]
# by sargent_d | 2007-04-30 22:15

明後日には初任給が出てしまう。
はえー。

引越しやら、スーツやらで金は無いから無駄遣いはできんが。
ついに自分の食い扶持を自分で稼ぐ身分になれたことは素直に嬉しい。
まだ親の庇護から抜けきったわけではないにせよ、感慨深い。

会社に入って一番違和感があるのは自分の名前だ。

本来、『濵崎』が正しいのだが、22年間、ずっと『浜崎』と書いてきた。
一発で変換することもできんし、正式な届出をする機会も少なくて『浜』でこれまで問題なかったからな。

しかし、自分で税金を納めたり、会社で正式な契約書を書いたりということになれば、さすがに『浜』では問題があるらしく、仕方なく『濵』と書いている。
会社のIDカードも『濵』なわけで、なんだか自分の名前という気がしない。

大体からして、ここ数年間は『ハメ』と呼ばれることが一番多かっただけにプチアイデンティティクライシス。

大げさか。
[PR]
# by sargent_d | 2007-04-23 21:48

休日、またも茨城県

社会人になってからの土日のテンションの上がり方はおかしい。
とりわけ、今日は釣りにいくとかなり前から決めていたので朝5時から目が冴えて仕方が無い。

代々木から山手線に乗り込むと周りは飲み明けの人ばかり。
途中、社内で白人男性に声をかけられた。
俺の持っていた竿袋(2mくらい×3本)を指差して「Kendo?」と。
「いや、フィッシングだよ」と答えると「そりゃいい、俺はカナダの出身で云々」と話し始める。
あんまり聞き取れなかったけれど、最後に「Good Luck!」と言ってくれたのは嬉しかった。

馬場で一旦下車し、オール明け瀕死のN山を拾い、いざ茨城県は小貝川。
せっかく春なので、景色を満喫するためにいつもとは違うエリアを選択。
東京に来てから初めて行った釣り場へ向かった。今日が2度目。

釣り場に着いたのは7時半ごろ。
朝の川べりは気持ちがいい。
葦の新芽が川沿いに生え始め、アメンボがその隙間を遊泳している。
気温は昨日よりも下がって、青っぽい草の匂いが立ち込めていた。

午前中はN山に一匹、30cmくらいのがかかっただけ。
今年に入って三度目の釣行だが、前回、前々回は見事にノーフィッシュ。
さすがに3連続はあり得ない。
焦りつつ、ポイントを巡っていく。

初めて訪れたときは52㎝の自己記録を釣り上げた小貝川。
デカイ魚がいることは判っているのだけど。

日も南中しかけたころ、以前に実績のあったポイントに到着。
葦、日陰、沈船とこれ以上ない絶好のポイント。

ということで、釣り上げたるは人生二匹目の50アップ。

a0004254_19535958.jpg


顔が正視に堪えないほどヱビス顔になっているので修正しておいた。

とりあえず面目躍如。
カナダ人の兄ちゃんに感謝。

結局これ一匹で本日終了。
脚はすっかりむくんでいるけど、いい休日でしたとさ。
[PR]
# by sargent_d | 2007-04-15 19:56

懊悩

お疲れ様。
久々に更新できる時間がとれた。

2日前に配属となって、それまではずっと研修。
やはり実務ではないぶん気は楽だけど、慣れない環境というのは疲労を生む。

配属部署は面接時以来希望していたところに決まり、ひとまずは安心。
目下の問題は自分にできる仕事がほとんどないこと。

おそらく部署の仕事は多忙を極めているのだろうが、手伝えることはほとんどない。
映像制作という業務上、例えばカメラやテープ、スクリーンやフィルムに至るまでの知識を保有していなければいけないのだけど、その点に関してど素人で入社したもんだから、いま必死で勉強中。
ビデオテープっていったらVHSかベータしかないと思っていたら、20種類ぐらいあんだよな。

もちろん、営業職だから受注や見積もり、請求の方法なんかも知らなきゃならないし、得意先の情報も知らなきゃならない。
一体いつになったら俺は役に立てるんだろうか。

社長からは「新人がどれだけ大きいミスしても会社はつぶれないから心配するな」とは言われたものの、役に立たないというだけで大きなミスみたいなもの。暇でラッキーなんてとても思えん。電話をとって他の社員につなぐだけならアルバイトのころにいくらでもやっていたわけだし、もっと仕事をしている実感もほしい。


土曜日なのに無意識で6時に起きた今朝は若干の実感を得たが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新歓ライブお疲れ様。
2バンドしか見れなかったが盛り上がっていて良かった。
まだまだstay metalなサークルで大丈夫なようで嬉しかった。

ライブ出たいなー。
[PR]
# by sargent_d | 2007-04-14 13:16

プレゼント

引越しの荷造りが終わらない・・・・・・。
段ボールですでに12箱。まだまだ梱包すべきものだらけ。
本とCDはおかげさまでかなり処分できた。
それでも合わせて7箱あるけれど・・・・・・。
今日は徹夜で作業か。

そんな状況なのに昨日は家に3人呼んで飲んだ。
というか、向こう側からお誘いがあったわけだが。
そしたら驚いたよ。



a0004254_2118447.jpg


写メールなもんで色合いが悪くて3人には申し訳ない。
ここまでしてもらっていいのかなぁ。
俺を泣かせようとしたらしいけど、一番泣きそうだったのは完全に岡村。
井神はやたら不自然に台所に行こうとするから何かを画策しているのはすぐに判った。
名取は俺の気をひいておく役割のくせに墓穴堀りまくり。

正直なところ、驚きが凄くて感動する余裕がなかった。
さっき、荷造りの合間に昨日食べ切れなかったぶんを冷蔵庫から出してようやくしみじみと嬉しくなった。

俺はサークル生活で沢山の先輩に世話になった。
そして卒業を控えて後輩達に「世話になりました」と言われるようになったけれど、果たして自分がどんな世話をしてきたかのかなんてよく判らない。
それは良い関係だったんじゃないかと思う。
もしかしたら本当に全然世話なんかしていなかっただけかもしれないけれど、もしもそういう関係を作ることができたんだとしたら俺は良い先輩と後輩に死ぬほど恵まれてたってわけだ。

3人がこういうサプライズを届けたい相手は俺以外にも沢山いるだろうし、3人以外の後輩達だってこういうことを誰かにしたいと思っているだろう。
たまたま俺はタイミングがあって、幸運に恵まれたけど、俺たちの年会はこんなにも最高だっていうことを同年会のみんなには伝えておきたい。


ということで、今からまた荷造り。眠いが仕方ない。


<お知らせ>
明日引っ越すので、しばらくはネットに繋げませんよ、と。
[PR]
# by sargent_d | 2007-03-15 21:32