メモ

明日2日と来週のタモリ倶楽部は空耳アワード2007なので好きな人々は忘れないように。
明日は総会だからビデオ予約必須。

そういえば今日、教習所に行くまえ、なんとなくいいとも見てたらゲストが安斎肇でびびった。
みうらじゅんからの紹介だったみたいだが、真昼にタモリと安斎肇を並べて見るというのは違和感過多。
これで安斎さんが遅刻してきたら伝説だったのになぁ。

しかし、いいともとタモリ倶楽部はよほど視聴者層が被らんだろう。
タモリは本当に凄い。

ちなみに、個人的なアワード予想。
大賞はショーン・ポールの「目痛い」か、先週の「嫁、ブサイクでした」だと思う。

参照:週刊ソラミミスト
[PR]
# by sargent_d | 2007-02-01 23:48

単なる画像

まったく意味はないけど、深夜に爆笑してしまった画像。






a0004254_4414036.jpg



合成じゃないよなぁ。
[PR]
# by sargent_d | 2007-01-30 04:41

結婚式2次会@渋谷

昨夜は先輩の結婚式。おめでとうございます。

SWSの先輩ってこんなにいるのか、と思った。
顔と名前がわかる先輩が半分弱か・・・・・・1年生のときの納会気分。

6時半からビールを飲み始め、新郎によるアイアンメイデンで暴れ、その後飲み屋へ。
学生は俺とI木だけという圧倒的にアウェーな環境。
次々と人が帰宅し、頼みのI木も潰れて、俺以外にはかなり年上の先輩方が数名。
小学校1年のときにスーファミが出たと告白すると、わりと本気で嫌な顔をされる。
結局、朝5時まで呑み続ける。
場所が渋谷、ということは暗黙の了解で天下一品。
サービス定食麺大盛り、チャーハン大盛りプラス生ビールを脂汗流しながら間食し、刹那、死亡。

ここから3分で帰宅できるなら1万円払ってもいいと思いながら帰路につく。
昼過ぎに腹痛で目覚め、トイレに入ったら今度は頭痛。
今日は久々に食欲ゼロ。オレンジジュースばっかり飲んでた。

そういえば、新郎新婦入場曲がWarheadsだった。
[PR]
# by sargent_d | 2007-01-29 02:34

the answer

明けまして、というにはとうに遅すぎる。
ついに学生生活は卒業式を残すのみなんだけど(多分)、意外と暇にはならないもんだ。
モラトリアムの終盤に差し掛かって時間の使い方が判ってきたような気がするのはよくあることだと思う。

とくに俺自身の話はないんだけど、オススメしときたいものがあったので久々の更新。
もう知っている人もいるかな。
イギリスの新人バンド、The Answerって4人組。

「ツェッペリンの再来」なんてコピーはチープに過ぎるけれど、いや実際に格好いい。

"Under the sky"/The Answer

B!誌のレビューではアペタイト以来の衝撃だなんて書かれていたな。
ツェッペリンとかフリーとか初期パープルとかシンリジーとか好きな人なら確かにはまるんじゃないか。
youtubeだから音質はイマイチだけど、CDで聴くとすんげーいいよ。

my spaceならいろいろ聴ける。
どれも新人離れしていて、これが2007年の20代とは思えん。

つーか、新歓ライブでやれよ、これ。
[PR]
# by sargent_d | 2007-01-25 18:35

12/30

それではしばらく帰省します。
マトモに正月にゆっくりできるのは今年が最後かな。
恐らく一週間以内で東京に戻ってくるはず。

それでは良いお年を。
[PR]
# by sargent_d | 2006-12-30 06:48

謝辞

何年越しの計画だったのか。

俺たちが1年生の後期定例会。
当時4年会の先輩たちのライブを見て、俺たちも4年生になったらああいうのをやろう、と話していた。

1年生の俺たちから見た先輩は手の届かないような存在だった。
面白くて頼れて楽器が上手くて大きな人たちだった。
自分達がああいう存在になれるかどうかなんて想像もつかなかった。

俺の4年間、生活の中心はラウンジにあった。
個人的な話をすれば、バイトをやったりNGOに参加したり就職活動をしたりゼミで勉強をしたり、そういう色々な場所で俺が存在していたけれど、俺がイメージする俺はいつもラウンジにいる俺だ。
弁当を食いながら、コーヒーを飲みながら、煙草を吸いながら、ラウンジでのお喋りは毎日繰り返されて、いつ終わるともしれないまま今日まで来た。
そろそろラウンジから帰らなければいけない時間になったらしい。
まだ後輩達は楽しそうに喋っていて、帰り支度をするのがおっくうになる。
あと一本ぐらい煙草吸っててもいいかな、と思う。
もう会えないわけでもないのに名残惜しい。

・・・・・・もう少し、みんなと楽しめたらどんなにいいだろう。

花束をもらったときにも言ったけれど、本当に4年間ありがとう。
言いたいことはもっと沢山あったけれど、全部言っていたら泣いてしまっただろうから言えなかった。

先輩方、本当に世話になりました。
あなたたちがカッコよかったから、俺たちは頑張ることもできたし、サークルで多くの仲間と出会うことができました。

後輩達、俺たちのところへ来てくれてありがとう。
お前達がいるからはまだまだSWSは面白い場所であり続けられると思う。
これからも遊びにいくから、頑張ってくれ。

そして同年会。
大学生活で一番一緒にいたのは同年会のみんなだ。
昭和59年に俺を産んでくれた親に感謝したいぐらいに、俺はいい同輩に恵まれた。

本当は一人一人に向かって感謝したいけれど、さすがにそれは照れくさいわな。

ありがとう。俺はいまとてもいい気分です。
[PR]
# by sargent_d | 2006-12-19 14:54

脱稿

卒論終わった。
朝9時。

眠すぎてまったく清々しくない。
結構頑張ったつもりなのに、いざ印刷してみたら所詮30枚程度なわけで、大して厚みもなく、実感が湧かないというかなんというか。

あんまり、「やったー」って感じがない。
むしろ今日提出しに行くのめんどくせー、っていう気分のほうが強い。

とりあえず3時間だけ寝てゼミに行ってくる。
[PR]
# by sargent_d | 2006-12-08 09:25

また動画

前にもロシアのレーサーX少年を紹介したけれど、やっぱりすげー子どもは他にもいる。

イゴール君(4歳)

自分が4歳のころの記憶なんてほとんど断片的にしかない。
まだ3輪車こいでたかもなぁ。タラちゃんが3歳だし。

この歳からこれならヴィクター・ウッテンみたいになっちゃうんだろうか。
イゴールの名に恥じないスラッシャーになることを期待。
[PR]
# by sargent_d | 2006-12-01 23:54

Brutal Truth来日

今日、文学部の友人(グラインドコア、ノイズマニア)から朗報。

Extreme the Dojo vol17にてBrutal Truth来日決定。
まだ、スマッシュのHPが更新されてないけど、パッケージにVADERも含まれているらしい。
あともう1バンドにも期待。

3月7日、渋谷クアトロで¥7000。
合宿明けて間もないから疲労もあるかもしれんし、金欠かもしれんが俺は行く。
みんなも行くだろ?
[PR]
# by sargent_d | 2006-11-30 16:26

16、17、18、あと5枚も足りない・・・・・・

日本の大学は入るのが大変で卒業するのは簡単だ、なんて言った奴は誰だ。

俺にもそう思っていた時期がありました・・・・・・。

モラトリアムが終焉する直前、一番遊びたくてどうしようもないときに、なぜ卒論という難攻不落の城砦がかまえているのか。
なぜ、卒論のない学部が存在するのか。
むしろ、なぜ文学部生全員が卒論を書かねばならんのか。

卒論はあとあと読み返すと、自分の記念碑みたいなもんでいいもんだよ、と言われたことがある。
が、俺は過去を振り返らない男を目指しているので記念碑はいらん。

朝起きて「よし、今日は5枚は書くぞ!」と思っていたのに、気がつけばウインドゥズ付属のピンボールでハイスコアをたたき出していた午後11時という切なさ。
今日は徹夜で書くぞ!と思っていたのにこのスレッドを見つけてリアルタイム参加してしまった虚しさ。
いや、これは史上稀に見る良スレだったからいいが。

あれ・・・・・・もう午前3時・・・・・・今日もまた・・・・・・。

今日のオススメ。
ドラクエⅢ バトルシーン
[PR]
# by sargent_d | 2006-11-24 03:00